« キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン | トップページ | シカゴ »

スパイダーマン2

スパイダーマンTM 2 監督: サム・ライミ
製作: アヴィ・アラッド/ ローラ・ジスキン
原作: スタン・リー/ スティーヴ・ディッコ
脚本: アルヴィン・サージェント
音楽: ダニー・エルフマン
出演: トビー・マグワイア/ キルステン・ダンスト/ アルフレッド・モリナ/ ジェームズ・フランコ/ ローズマリー・ハリス/ J・K・シモンズ/ クリフ・ロバートソン/ ウィレム・デフォー 他

<あのグリーン・ゴブリンとの死闘から2年、ピーターは新聞社へ写真を売り込みながら大学生活を送る一方、スパイダーマンとしてニューヨークの街を守っていた。しかし、愛するメリー・ジェーンは念願の舞台女優になったことで少しずつ距離ができ、親友のハリーは亡き父の会社の跡を継ぎつつ仇を取るためスパイダーマンへの復讐に燃えていた。複雑な人間関係に悩みが増すばかりのピーター。そんな時、ハリーの会社のもとで研究を続けていたDr.オクタビアスが実験中の事故で怪人ドック・オクとなってしまい、4本の金属製人工アームを自在に操り暴れ回りながらスパイダーマンの前に立ちはだかるのだった…。>



この映画には、別にストーリーを期待してないってぃぅか…。
だいたぃ、やりたいこととか見えてるからさ。
とにかく、蜘蛛男はかっこええやろ、と。
そこを楽しむ映画やと思ってるんでw

でも、ストーリーも好き☆

ヒーローものだけど、大人向けのヒーロー、っていうかさ。
映画のセリフでもあったけど、「誰もがヒーローを必要としてる」みたいな。
そんな感じ。

ヒーローが、現れたらいいなと思うときもあるし。

ヒーローに、なりたいなと思うときもある。

でも、誰もがいつでも、そうなれるわけじゃなくって。
その栄誉には責任もついてくるわけで。
それを乗り越えられる、強さを持った人だけが英雄になれるわけだ。

ほんで、この話は、ヒーローはつらいょ、だけでなくって。
最後にハッピィエンドがきてたのが、とってもよかった。
なんだかんだいって、幸せな終わり方の映画のほうが好きやなぁ。

途中では号泣しても、最後には「よかったねぇ」ってほんのり涙、くらいの映画が一番好き(’-’*)

ぃゃ、この映画はそんなんでもないですが。
ま、かっこょくってステキ、でしたゎw

3は、また大変な設定になりそうで…。
楽しみ楽しみー。

ちなみに…。
サントラには、映画で流れてる音楽がめっちゃ入ってます(アタリマエ)
かっこょぃので、映画気に入った人にはぜひ、聴いて欲しいなぁ☆

|

« キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン | トップページ | シカゴ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617459

この記事へのトラックバック一覧です: スパイダーマン2:

« キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン | トップページ | シカゴ »