« オーシャンズ12 | トップページ | オー・ブラザー! »

ネバーランド


ネバーランド

監督: マーク・フォースター
原作戯曲: アラン・ニー
脚本: デヴィッド・マギー
音楽: ヤン・A・P・カチュマレク
出演: ジョニー・デップ/ ケイト・ウィンスレット/ ジュリー・クリスティ/ ラダ・ミッチェル/ ダスティン・ホフマン/ フレディ・ハイモア/ ニック・ラウド/ ジョー・プロスペロ/ ルーク・スピル/ イアン・ハート/ ケリー・マクドナルド

<1903年のロンドン。新作『リトル・メアリー』の不評で気落ちしていたジェームズ・バリは、散歩に向かった公園で若い未亡人のシルヴィアとその4人の幼い息子たちと出会う。少年たちとすぐに打ち解けていくジェームズは、中でもどこか冷めた物言いで少年らしさの見られない三男のピーターを気に掛けるようになる。やがてジェームズとシルヴィア親子との交友が深まっていく一方、ジェームズの妻メアリーは疎外感を強め、夫婦の仲は悪化していく。そんな中、早く大人になろうと無理をしているピーターに、次第に自分の少年時代を重ねて見るようになったジェームズは、その思いを新作劇に投影していく。>


よかった。
なんだか、「けっこうよかった」「まぁまぁよかった」「めっちゃよかった」とかじゃなくって、ただの「よかった」って感じ。
悪い意味ではなく。

事実に基づいた、話なんだとか。
実際のジェームズ・バリもあんな風な人だったんだろうか。
子供みたいな、大人みたいな。
純粋さってのは、やっぱりなにか惹かれるものがある。

空想とか、想像とか、見えない何かを信じることとか。
ただの世間知らず、ただの妄想癖と、言っちゃえばそれまでだけど。
やっぱ、そういうのがあった方が、楽しいと私は思うわけだ。
別に、自分の妄想癖を正当化してるわけじゃ、ないけど…(・ε・)

涙を分類するなら、”さらさら”ってな雰囲気です。
爽やかな、なんかいい感じに終われます。

ただひとつ気になったのは同じ列のバカップル。
普通、上映中に喋らないでしょう。
お姉さん、前の座席は足載せじゃないんですが。
携帯ブルってるんですが。
後半は集中してたのか気にならなくなったから、まぁえぇけんど。
マナーが守れないんならホームシアターで楽しんでくれぃ。

|

« オーシャンズ12 | トップページ | オー・ブラザー! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617481

この記事へのトラックバック一覧です: ネバーランド:

« オーシャンズ12 | トップページ | オー・ブラザー! »