« オー・ブラザー! | トップページ | オペラ座の怪人 »

死ぬまでにしたい10のこと


死ぬまでにしたい10のこと

監督・脚本: イザベル・コヘット
製作: エステル・ガルシア/ ゴードン・マクレナン
出演: サラ・ポーリー/ スコット・スピードマン/ デボラ・ハリー/ マーク・ラファロ/ レオノール・ワトリング/ アマンダ・プラマー/ ジュリアン・リッチングス/ マリア・デ・メディロス/ アルフレッド・モリナ/ ジェシカ・アムリー/ ケーニャ・ジョー・ケネディ

 

 

<23歳のアンは、母親の家の裏庭にあるトレーラーハウスで失業中の夫と幼い2人の娘と暮らし、時間に追われる忙しい毎日を送っていた。だがある日、彼女は突然腹痛に襲われて病院に運ばれる。そして検査の結果、医師から余命2ヵ月の宣告を受ける。若さのせいでガンの進行が早く、すでに全身に転移してしまっていた。アンはこのことを誰にも打ち明けないと決意し、ノートに死ぬまでにしたいことを書き出していった。それはちょうど10項目になった。そしてその日から、彼女はその秘密のリストを一つずつ実行していくのだった…。>

泣ける映画だと思ってたら、本当に泣ける映画だった。
号泣もの。
最後の5分が特に。
原題の意味が、ずしっときます。

最初から最後まで、淡々と主人公アンの生活を追っていくストーリー。
「死ぬまでにしたい10のこと」ってなんなんだろう、って思ってたけど。
その10項目ってのは、けっこう些細なことばっかりで。ちょっと笑っちゃうような項目もありつ。
でも、それが余命幾ばくかの彼女の願いだからこそ、重みのあるものになってくる。

この主人公の願いは、自分が死ぬまでのことだけやなくって、自分が死んだ後のことまで考えてる。
それが、なんともええなぁと思うし、哀しいなぁと思う。
死んじゃうことがわかって、初めて自分の人生を真剣に考えるようになった主人公。
自分があとちょっとで死ぬなんざ考えられんことだ。
でももし、そうなったらどうしよう。
死ぬまでにしたいこと、どれだけあるやろか。
少なくとも今、余命2ヶ月って言われたら…。
学校にはいかんやろなぁ(≧ε≦)ノ

んじゃぁ、何しよう。
ぬぬ、それも思いつかぬかもしれん。
とりあえず、そうならないことを願います。

|

« オー・ブラザー! | トップページ | オペラ座の怪人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617483

この記事へのトラックバック一覧です: 死ぬまでにしたい10のこと:

« オー・ブラザー! | トップページ | オペラ座の怪人 »