« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

シービスケット


シービスケット プレミアム・エディション

監督・脚本:ゲイリー・ロス
原作: ローラ・ヒレンブランド
出演: トビー・マグワイア/ジェフ・ブリッジス/クリス・クーパー/エリザベス・バンクス/ウィリアム・H・メイシー/ゲイリー・スティーヴンス 他

<1929年の大恐慌以降、アメリカは苦難の季節を迎えていた。自動車販売で成功したものの、息子を事故で亡くし、妻にも去られた大富豪ハワード(ジェフ・ブリッジス)。開拓時代の終焉により、時代遅れのカウボーイとなったトム・スミス(クリス・クーパー)。一家離散の憂き目に合い、草競馬のジョッキーに身をやつした青年レッド(トビー・マグワイア)。人生の辛酸をなめていた3人の男は、運命の糸に導かれるようにして一頭のサラブレッドに出会う。その名はシービスケット。彼らと同じく運に見放された小柄な馬だった…。>

続きを読む "シービスケット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半落ち


半落ち

監督: 佐々部清
原作: 横山秀夫  『半落ち』
脚本: 田部俊行
出演: 寺尾聰/柴田恭兵/原田美枝子/吉岡秀隆/鶴田真由/伊原剛志/國村隼/高島礼子/奈良岡朋子/樹木希林 他

<ある日、元捜査一課警部・梶聡一郎は最寄りの警察署に出頭してきた。そして、3日前に妻の啓子を自宅で絞殺したと告げる。半年前、若くしてアルツハイマー病を発症した啓子の看病のため刑事を辞職し、警察学校で後進を育成して広く敬愛されてきた梶。取り調べにあたった捜査一課・志木も困惑を隠せない。その上、梶は自首するまでの2日間について固く口を閉ざし続ける“半落ち”の状態。現職警官による前代未聞のスキャンダルに県警全体が窮地に立たされる。組織の防衛を優先する県警幹部は、完落ちしない梶の“空白の2日間”に拘り続ける志木の意向を無視し、調書のねつ造で謎の隠蔽を図り、強引な事件の幕引きを目論むのだった。>

続きを読む "半落ち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォルター少年と、夏の休日


ウォルター少年と、夏の休日

監督・脚本:ティム・マッキャンリーズ
出演:マイケル・ケイン/ロバート・デュヴァル/ハーレイ・ジョエル・オスメント/エマニュエル・ヴォージア/ジョシュ・ルーカス/マイケル・オニール

<1960年代初頭のアメリカ。女手一つで育てられた14歳の少年ウォルターは、この夏休みの間、母の都合で2人のおじいさんが住むテキサスの片田舎へ預けられることになった。だが、そこに待っていたのは、家にテレビもなく周囲に友達もいない無愛想で頑固一徹なハブとガースのマッキャン兄弟。こうして彼ら3人は互いに戸惑いを感じながら、ぎこちない共同生活を始めることに。そんなある晩、ウォルターは屋根裏部屋で古い女性の写真を発見する。それには、マッキャン兄弟の壮大な過去が秘められていたのだった…。>

続きを読む "ウォルター少年と、夏の休日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッション


パッション

原題:THE PASSION OF THE CHRIST
監督:メル・ギブソン
脚本:メル・ギブソン/ベネディクト・フィッツジェラルド
出演:ジム・カヴィーゼル/マヤ・モルゲンステルン/モニカ・ベルッチ/ロザリンダ・チェレンターノ/クラウディア・ジェリーニ/ルカ・リオネッロ/フランチェスコ・デ・ヴィート

<紀元前700年のエルサレム。ある日、イエスは十二使徒のひとりであるユダの裏切りによって捕らえられる。イエスを尋問した大司祭カイアファは、イエスが自らを救世主であり神の子と認めたとして激怒し、イエスが神を冒涜したと宣告する。ローマ帝国総督ピラトのもとに身柄を移されたイエスは、そこでも揺るぎない姿勢をみせる。やがて荒れ狂う群衆に気圧され、ピラトはイエスを十字架の刑に処する判決を下す。凄惨な鞭打ちを受け変わり果てた姿となったイエスは、ついに十字架を背負いゴルゴダの丘へと歩を進めた。>

続きを読む "パッション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

69 sixty nine


69 sixty nine

監督:李相日
原作:村上龍  『69 sixty nine』
出演:妻夫木聡/安藤政信/金井勇太/太田莉菜 など

<1969年、佐世保。佐世保北高校3年のケンは、仲間のアダマやイワセと屋上で掃除をサボっているとき、フェスティバルの開催を思いつく。彼は、そこで上映するための映画をつくり、高校一の美女、レディ・ジェーンこと松井和子をヒロインに抜擢し、急接近を図ろうとの下心を抱いていた。さっそくカメラの調達のため、北高全共闘のアジトに出向くケンだったが、ひょんな成り行きから“学校の屋上をバリケード封鎖する”と口走ってしまう。やがて計画はどんどん膨れあがり、マスコミや警察を巻き込んだ大騒動へと発展してしまい…。>

続きを読む "69 sixty nine"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オペラ座の怪人


オペラ座の怪人 通常版

原題:THE PHANTOM OF THE OPERA
製作・音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー
原作:ガストン・ルルー
出演: ジェラルド・バトラー,エミー・ロッサム,パトリック・ウィルソン,ミランダ・リチャードソン,ミニー・ドライヴァー,シアラン・ハインズ,サイモン・キャロウ,ジェニファー・エリソン

<1919年のパリ。今や廃墟と化したオペラ座で、かつて栄華を極めた品々がオークションにかけられていた。そして、謎の惨劇に関わったといういわく付きのシャンデリアが紹介された瞬間、時代はその悲劇をもたらした1870年代へと舞い戻る――。当時、華やかな舞台でにぎわうオペラ座は、一方で、仮面をかぶった謎の怪人“ファントム”の仕業とみられる奇怪な事件の頻発に揺れていた。そのファントムを、亡き父が授けてくれた“音楽の天使”と信じ、彼の指導で歌の才能を伸ばしてきた若きコーラスガール、クリスティーヌ。彼女はある時、代役として新作オペラの主演に大抜擢され、喝采を浴びる。幼馴染みの青年貴族ラウルも祝福に訪れ、2人は再会を喜び合う。だがその直後、ファントムが現われ、クリスティーヌをオペラ座の地下深くへと誘い出すのだった…。>

続きを読む "オペラ座の怪人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »