« 死ぬまでにしたい10のこと | トップページ | 69 sixty nine »

オペラ座の怪人


オペラ座の怪人 通常版

原題:THE PHANTOM OF THE OPERA
製作・音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー
原作:ガストン・ルルー
出演: ジェラルド・バトラー,エミー・ロッサム,パトリック・ウィルソン,ミランダ・リチャードソン,ミニー・ドライヴァー,シアラン・ハインズ,サイモン・キャロウ,ジェニファー・エリソン

<1919年のパリ。今や廃墟と化したオペラ座で、かつて栄華を極めた品々がオークションにかけられていた。そして、謎の惨劇に関わったといういわく付きのシャンデリアが紹介された瞬間、時代はその悲劇をもたらした1870年代へと舞い戻る――。当時、華やかな舞台でにぎわうオペラ座は、一方で、仮面をかぶった謎の怪人“ファントム”の仕業とみられる奇怪な事件の頻発に揺れていた。そのファントムを、亡き父が授けてくれた“音楽の天使”と信じ、彼の指導で歌の才能を伸ばしてきた若きコーラスガール、クリスティーヌ。彼女はある時、代役として新作オペラの主演に大抜擢され、喝采を浴びる。幼馴染みの青年貴族ラウルも祝福に訪れ、2人は再会を喜び合う。だがその直後、ファントムが現われ、クリスティーヌをオペラ座の地下深くへと誘い出すのだった…。>


もぅ、最高です。
映画館まで観に行って正解。
あの演出に音楽、映画館で見てこその迫力だ。
ほんまに、舞台を見てるような気分になれました。

ファントム、クリスティーヌ、ラウルの3人が主役級。
一番のお気に入りは、やっぱし、ファントムです。
ジェラルド・バトラーです。
歌声にヤラレタ。
カッコよすぎるゎぁ…。
そんでもってそんでもって切なすぎる。
本気で号泣しとったゎ。
嗚咽を堪えるのに必死でしたな。

ラウルもオトコマエだけど、ちょっといいとこもって行き過ぎだべ…。
最近、正統派オトコマエにはいまいち惹かれないなぁ。
多少歪んでる、ファントム見たいのの方がなーんか、いい。

そしてクリスティーヌは美しすぎる。
顔も歌声も。
でもなんかなんか、だからこそ残酷な気がせんでもないかなぁ。
まぁ…。
美人だからいいか(〃∇〃)

しかしこれは、光と闇の対比が本当に綺麗な映画だなぁ、とな。
闇の世界に住むファントムは、光を求めてやまないのにそれを手に入れることはできない。
それが分かっていてもなお、あきらめられずに求め続ける。
あまりにも、切なすぎるかなぁ。
ラウルとクリスティーヌがラブラブしてんのを、
陰で見てるファントムのシーンが、ほんまに切ない。
もぅ、第一の号泣ポイントでした。

クライマックスでも、やっぱり号泣してたけど…。
あのへんは、いまーいち状況を把握しきれなかった感があるな。
やっぱ、字幕では伝わらない部分も大きいよなぁー。
こういう時やな、やっぱ英語できるようになりたいーーって思うのは。
いや、もちろん論文書いてるときもだけどサァ…(TεT;)

まぁ、英語は今後の課題ってことで…。
とりあえず、オペラ座の怪人はかなりオススメです。

ぁー。
ただし、ミュージカルってジャンル自体に抵抗のある人は除く、かな。
シカゴやムーランルージュ以上にミュージカル的な、気がします。
でも、もしかしたらコレをキッカケにはまるかも?(*´ー`)
とりあえず私は…。
もう一回くらい、見に行く可能性大ですなw

|

« 死ぬまでにしたい10のこと | トップページ | 69 sixty nine »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617484

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ座の怪人:

« 死ぬまでにしたい10のこと | トップページ | 69 sixty nine »