« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

阿修羅城の瞳


阿修羅城の瞳

監督:滝田洋二郎
原作:中島かずき(劇団☆新感線)
脚本:戸田山雅司/川口晴
出演:市川染五郎[7代目]/宮沢りえ/小日向文世/内藤剛志/渡部篤郎 他

<時は文化文政、江戸の町。一見平穏なこの町も、至るところで人の姿を借りた魔物たちがはびこっていた。彼らは人を喰らい、人の世を滅ぼそうと企み、“鬼”と呼ばれ恐れられている。だが、人間側も鬼を殲滅するため、鬼と人間を瞬時に見分ける能力を持ち冷酷で強靭な剣術の腕を誇る組織“鬼御門”を結成し、対抗していた。その組織でかつて“鬼殺し”の異名を持つ腕利きだった病葉出門(わくらばいずも)。彼は5年前のある事件を機に鬼退治を退き、今は舞台役者として活躍していた。そんな彼はある日、渡り巫女のつばきと出会い、一目で恋に落ちる…。>

続きを読む "阿修羅城の瞳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイール


クイール

監督:崔洋一
原作:秋元良平・石黒謙吾
脚本:丸山昇一・中村義洋
出演:小林薫/椎名桔平/香川照之/戸田恵子/寺島しのぶ/黒谷友香/櫻谷由貴花/松田和/名取裕子 他

<ある時、東京のとある家庭でラブラドール・レトリーバーの子犬が5匹誕生した。その中で、鳥が羽根を広げたようなブチ模様がお腹にある1匹は“ジョナサン”と名付けられる。そして、子犬たちを父犬と同じ盲導犬にしたいという飼い主の希望によって、そのおっとりした性格が逆に盲導犬向きといわれるジョナサンが、ボランティアで子犬を育てるパピーウォーカーに預けられた。ジョナサンはそこで、“鳥の羽根”という意味を持つ“クイール”という新しい名をもらって無邪気に楽しく暮らし、やがて訓練センターへ入るのだが…。>

続きを読む "クイール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンスタンティン


コンスタンティン

監督:フランシス・ローレンス
脚本:ケビン・ブロドビン/フランク・カペロ
原作:ケビン・ブロドビン
出演:キアヌ・リーヴス/レイチェル・ワイズ/シア・ラブーフ/ジャイモン・フンスー/マックス・ベイカー/プルイット・テイラー・ヴィンス/ティルダ・スウィントン/ギャヴィン・ロズデイル/ピーター・ストーメア 他

<異界に属する者を見分けることができる特殊な能力を持つ孤独な男、コンスタンティン。彼はその能力を使い、人間界に侵食しようとする悪を退治し地獄へと送り返すため戦い続けていた。一方、ロサンジェルス市警の女性警部アンジェラは、双子の妹が謎の飛び降り自殺を遂げた事実を受け入れることが出来ず、真相を究明しようと独自の調査を始めていた。やがて、アンジェラはコンスタンティンに接触を図る。世界の異変を敏感に感じ取っていたコンスタンティンは、アンジェラの話が関係していると思い、イザベラの自殺の謎を解くため一緒に行動を開始するのだが…。>

続きを読む "コンスタンティン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トロイ


トロイ

監督:ウォルフガング・ペーターゼン
原作:ホメロス
出演:ブラッド・ピット/エリック・バナ/オーランド・ブルーム/ダイアン・クルーガー/ショーン・ビーン/ブライアン・コックス/ピーター・オトゥール/ブレンダン・グリーソン/ジュリー・クリスティ/ローズ・バーン 他

<紀元前12世紀。貿易の中心地として繁栄を極める都市トロイ。その富はギリシャ各国の標的となり、長年に渡って戦いが繰り返されていた。そしてある時、これまで敵対していたギリシャの強国スパルタの王メネラウスが和解を促してきた矢先、トロイ王子の弟パリスによってメネラウスの妃ヘレンがさらわれる事件が勃発する。パリスとヘレンは一目会った瞬間互いに恋に落ち、もはやその熱情を抑えることは出来なくなっていた。しかし、王の権威を汚されたスパルタの指導者たちは、王妃を奪還するため無敵の戦士アキレスと千隻もの船団をトロイへ差し向けるのだった…。>

続きを読む "トロイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーン・ブース


フォーン・ブース

監督:ジョエル・シューマカー
脚本:ラリー・コーエン
出演:コリン・ファレル/フォレスト・ウィッテカー/ラダ・ミッチェル/ケイティ・ホームズ/キーファー・サザーランド/ポーラ・ジャイ・パーカー  他

<マンハッタン、タイムズスクエア。自称一流のパブリシスト、スチュは、今日もアシスタントを従え、携帯電話からクライアントや業界に口八丁でビジネスをまとめ上げている。そんな彼はアシスタントと別れた後、1台の電話ボックスに立ち寄り、結婚指輪を外してクライアントの新進女優パメラに電話を掛けた。スチュは彼女をモノにしようとしていたが、上手くいかずに受話器を置く。その刹那、今使っていた公衆電話のベルが鳴り、思わず受話器を取ってしまうスチュ。すると電話の主は、“電話を切ったら殺す”と脅迫してきたのだった…。>

続きを読む "フォーン・ブース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »