« クイール | トップページ | LOVERS »

阿修羅城の瞳


阿修羅城の瞳

監督:滝田洋二郎
原作:中島かずき(劇団☆新感線)
脚本:戸田山雅司/川口晴
出演:市川染五郎[7代目]/宮沢りえ/小日向文世/内藤剛志/渡部篤郎 他

<時は文化文政、江戸の町。一見平穏なこの町も、至るところで人の姿を借りた魔物たちがはびこっていた。彼らは人を喰らい、人の世を滅ぼそうと企み、“鬼”と呼ばれ恐れられている。だが、人間側も鬼を殲滅するため、鬼と人間を瞬時に見分ける能力を持ち冷酷で強靭な剣術の腕を誇る組織“鬼御門”を結成し、対抗していた。その組織でかつて“鬼殺し”の異名を持つ腕利きだった病葉出門(わくらばいずも)。彼は5年前のある事件を機に鬼退治を退き、今は舞台役者として活躍していた。そんな彼はある日、渡り巫女のつばきと出会い、一目で恋に落ちる…。>


タダ券もらったので、行ってきました。
まぁ、タダならいっか、てな感じ。
出演者はなかなか豪華だけど、いまいちごちゃごちゃしてた、かなぁ。
これは舞台の映画化、ってことらしぃ。
別に、映画化する必要は・・・なかったんじゃないかしら( ̄д ̄;)

市川染五郎と宮沢りえの話し方が、気に入らなかった。
江戸言葉なのかぁ、あれ。
染五郎はあまりに軟派だし、宮沢りえの乱暴な話し方って、なんかイメージ違うー。
他の出演者もそんな感じ。
きっと、舞台なら違和感なく見れると思うんだけどねぇ。
ぁ。
でも、小日向さんはよかったゎぁ(。-_-。)

ストーリーは、あんましついていけませんでした。
最後の方とかは・・・「愛とは戦いだ」みたいな感じでした。
且つ、エロスな感じで。
映像とかは、なかなかキレイだったかなぁ。
でも、なんで、エンディングテーマがスティングだったのか・・・。
それがどうしても、ミスマッチな気がしてならないのでした・・・。

|

« クイール | トップページ | LOVERS »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617494

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅城の瞳:

« クイール | トップページ | LOVERS »