« アップタウン・ガールズ | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語


レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション

監督:ブラッド・シルバーリング
原作:レモニー・スニケット
出演:ジム・キャリー/メリル・ストリープ/エミリー・ブラウニング/リーアム・エイケン/カラ・ホフマン/シェルビー・ホフマン/ジュード・ロウ

<裕福なボードレール家の三姉弟妹。長女のヴァイオレットは、並外れた知恵とひらめきで日常の発明品を作る14歳の天才発明家。長男のクラウスは本の虫で、普通の人が一生かかっても読みきれない量の本をすでに読破している。末っ子のサニーは、どんなものでも噛みついたら離さない女の子。そんなある日三姉弟妹が海辺で遊んでいたところ、自宅が火事になり、愛する両親は莫大な遺産だけを残し焼け死んでしまう。身寄りのない三姉弟妹は、ほどなく遠縁の親戚オラフ伯爵が預かることに。しかし預けられてすぐ、三姉弟妹はオラフ伯爵の目当てが自分たちの遺産だと気づくのだが…。 >


映画の最初から、おぃおぃー、って感じで、かなり楽しめた。
「不幸な話を見たくない人はここを出て他の映画館に行ってください」などと言われヾ(´▽`;)ゝ
ぜんぜん知らんかったんじゃけど、この話には原作があるそうな。
子供にも大人にも人気の話らしいです。
たしかに、子供がみてもけっこうドキドキワクワクできそうだし、
大人が見たら見たで楽しめるような黒さがありw

ありえんくらい悪いことばっかしてるオラフ伯爵(ジムキャリー)がすごかった。
いわゆるおとぎ話の悪役みたいなイメージ。
冷静に考えたら、明らかに重大な犯罪行為の山ですが・・・。
それでもなんか、笑って済まされてしまうとこがおとぎ話ぽいかなぁ、と。

子供たちが、かわいいし。
バイオレット役のエミリーブラウニング、めっさ美人(〃∇〃)
いゃぁ・・・。
10代ならではの透明感ってーか。
若いっていいねぇーw
あとは、サニー役の子が実は双子で交互に出演してたらしい。
そんなの、まったく気づかなかったっす。

なんだか、いろんな不幸な出来事がくるのだけど。
それでもなんとかなるってーか、なんとかするってーか。
環境とか起こる出来事は不幸といわれるものでも、
自分たち自身は幸せ、みたいな。
そういうのって、悪くない。

あとは、エンディングロールが雰囲気あってよかったです。
違うと思ってたけど、確かに雰囲気はハリポタに似てるかも。
ストーリーは、それよりもずっとリアルな感じだけど。
個人的には、けっこうお勧めの1本です。

|

« アップタウン・ガールズ | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617497

この記事へのトラックバック一覧です: レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語:

« アップタウン・ガールズ | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »