« 四日間の奇蹟 | トップページ | ヴィレッジ »

さよなら、クロ


さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ スペシャル・エディション

監督:松岡錠司
原作:藤岡改造  『職員会議に出た犬・クロ』(郷土出版社刊)
出演:妻夫木聡/伊藤歩/新井浩文/金井勇太/佐藤隆太  他

<1960年代、長野県松本市。秋津高校3年の亮介は登校途中に一匹の黒い野良犬を見つけ、自分の弁当をその犬に分け与えてやった。その頃、亮介のクラスでは、生徒同士が学園祭の出し物に使う犬の作り物を壊してしまったことで揉めていた。そんなところへ亮介が駆けつけた時、生徒たちは彼に着いてきた黒犬の佇まいを見て閃く。果たしてこの本物の犬は作り物の代役に起用され、出し物は黒犬の活躍で盛況に終わる。これによって一躍学校の人気者となったこの犬はクロと名付けられ、校舎内に居つくようになるのだった。>


クロが、めっちゃかわぃぃ。
あとは、正直どうでもいい。
敢えて言うなれば・・・
犬嫌いの先生とか用務員さんのクロとの絡みのシーンがよかった。
違うのかもしらんけど、かなり泣き所。
廊下で泣いてた先生の後姿がなんとも。

なんだか、全体的な雰囲気がすごく古臭い感じでキレイでした。
てか、妻夫木さんはいったいいくつなんだ。
こないだの69でもそうだったが、
違和感あるようで意外と高校生役がはまってるw
ぃぁ・・・。
違和感は、どうしてもあるんだけどねぇw

ストーリーは、途中で登場人物が混合してしまぃ、
よくわからなかったこともあるけども・・・。
あんまりだったかなぁ。
バイク事故の話とか、別にあってもなくてもどっちでもいーような。
もっとクロ中心の映画かと思ってたから、
横のごちゃごちゃしてた話はいらんかったかなぁ、と。

でもあの、写真とってた先生役の人は好きです。

|

« 四日間の奇蹟 | トップページ | ヴィレッジ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617500

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、クロ:

« 四日間の奇蹟 | トップページ | ヴィレッジ »