« 春の雪 | トップページ | シークレットウインドウ »

笑の大学


笑の大学 スペシャル・エディション

監督:星護
原作・脚本:三谷幸喜
音楽:本間勇輔
出演:役所広司、稲垣吾郎  他

<日本が戦争へと突き進んでいた昭和15年。国民の戦意高揚の妨げになると様々な娯楽が取締りの対象となっていたこの時代、演劇もまた台本の段階で厳しい検閲を受けていた。警視庁の取調室では2人の男が新作喜劇を巡って熱い火花を散らしていた。一人は、一度も笑ったことがない厳格な検閲官・向坂睦夫。相対するは、笑いに命をかける劇団“笑の大学”の座付作家・椿一。向坂は台本から“笑い”を排除しようと椿に無理難題を突きつける。上演の許可をもらうためその要求を聞き入れながらも、なんとか“笑い”を残そうと苦悩する椿だったが…。>


この話は、舞台作品の映画化ってことで。
その舞台版を深夜のテレビで見たことがあって、けっこうおもしろかったのを覚えてたので
観るの楽しみにしてました(ノω`*)

どっちがおもしろかったかと言われれば、舞台版の方が・・・。
初見だったからか、出演者の違いかはわかりませんが。
(ちなみに舞台版では検閲官を西村雅彦さん、作家を近藤芳正さんが演じてました)

映画版にするに当たって、映像効果とかがつきすぎた気が。
舞台の生もの感が好きなのかも。

とはいえ、この映画自体が観るに堪えないってことではなく。
ストーリーが面白いだけに、けっこう楽しめた。
役所さんの演技が特に素晴らしいかと。
クセのあるキャラクターをうまく表現してると思いますw
最後の方の二人の喧嘩(?)の場面とか、
椿に召集令状が来たことを向坂が知った場面とか。
突然それまでと空気が変わる場面で、特にそれを感じた。

最近、選択が洋画よりも邦画に偏ってるかも。
なんだかハリウッド!!って感じのよりも、
やわやわとした、ちょっと和やかな感じが好きみたぃだ。
疲れてるのかな?

|

« 春の雪 | トップページ | シークレットウインドウ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617504

この記事へのトラックバック一覧です: 笑の大学:

« 春の雪 | トップページ | シークレットウインドウ »