« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年11月

私の頭の中の消しゴム


私の頭の中の消しゴム

監督・脚本 : イ・ジェハン
出演 : チョン・ウソン/ソン・イェジン/ペク・チョンハク  他

<建設会社の社長の娘スジン。彼女は妻ある男性と不倫の関係にあったが、ついに破局を迎える。その夜、傷心のまま彷徨っていた街で一人の男性チョルスと出会う。その時は気づかなかったが、彼こそスジンの運命の人だった。やがて再会した2人は、ほどなく恋に落ち、幸せの中結婚する。甘い新婚生活に浸る2人だったが、いつの頃からかスジンの物忘れが度を越したものとなっていく。心配になって医者に診てもらったところ、若年性アルツハイマーという思いもよらぬ診断結果を告げられるのだった。>

続きを読む "私の頭の中の消しゴム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイ,ロボット


アイ,ロボット

原題 : I, ROBOT
監督 : アレックス・プロヤス
原作: アイザック・アシモフ
脚本: アキヴァ・ゴールズマン/ジェフ・ヴィンター
音楽: マルコ・ベルトラミ 
出演: ウィル・スミス/ブリジット・モイナハン/ブルース・グリーンウッド 他

<2035年、シカゴ。街中では家庭用ロボットが普及し、人間の生活に必須なものとなっていた。ある日、巨大企業USロボティックス社に勤務するロボット工学の第一人者アルフレッド・ラニング博士が謎の死を遂げる。ロボットを毛嫌いするシカゴ市警のデル・スプーナー刑事は、博士が開発したNS-5型ロボットの“サニー”に疑いの目を向ける。捜査に協力するUSロボティックス社のロボット心理学者スーザン・カルヴィン博士は、“3原則”を理由にロボットが人間へ危害を加えることは絶対にあり得ないと主張するのだが…。>

続きを読む "アイ,ロボット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の恩返し


猫の恩返し / ギブリーズ episode2

監督 : 森田宏幸
原作 : 柊あおい  「バロン-猫の男爵」より
脚本 : 吉田玲子
声の出演 : 池脇千鶴、袴田吉彦、前田亜季 他

<ごく普通の女子高校生ハル。学校には遅刻するし、ゴミ箱の中身をぶちまける大失態。おまけに、憧れの男の子が別の女の子といい感じで2ショットになっているのを目撃してしまい、すっかり落ち込んでいた。そんなハルは、たまたまトラックにひかれそうになった1匹の猫を助けた。しかし、その猫が実は“猫の国”の王子ルーンだったことから、ハルはお礼として猫の国へと招待される。そこでハルは猫たちから盛大な歓迎を受け、いつしか“つらい現実より、猫になって楽しく生きたい”と願うようになる。と、そこへ猫の男爵バロンが現われるのだった。>

続きを読む "猫の恩返し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シークレットウインドウ


シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション

監督・脚本 : デヴィッド・コープ
原作 : スティーヴン・キング  『秘密の窓、秘密の庭』
音楽 : フィリップ・グラス/ジェフ・ザネリ 
出演 : ジョニー・デップ/ジョン・タートゥーロ/マリア・ベロ/ティモシー・ハットン 他

<湖畔に建つ別荘で新作小説を創作中のベストセラー作家モート・レイニー。だが彼は、妻エイミーとの離婚調停に身を削られて執筆活動も行き詰まり、スランプに陥っていた。そんなある日、モートのもとにジョン・シューターと名乗る正体不明の男が訪ねてくる。そしてシューターは唐突に、モートが自分の小説を盗作した、と言い放つのだった。最初は全く取り合わないモート。しかし、シューターが置いていった彼の原稿の内容は、モートの著書“秘密の窓”と瓜二つだった。以来、モートはシューターから執拗に付きまとわれ始めるのだが…。>

続きを読む "シークレットウインドウ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »