« アイ,ロボット | トップページ | スカーレットレター »

私の頭の中の消しゴム


私の頭の中の消しゴム

監督・脚本 : イ・ジェハン
出演 : チョン・ウソン/ソン・イェジン/ペク・チョンハク  他

<建設会社の社長の娘スジン。彼女は妻ある男性と不倫の関係にあったが、ついに破局を迎える。その夜、傷心のまま彷徨っていた街で一人の男性チョルスと出会う。その時は気づかなかったが、彼こそスジンの運命の人だった。やがて再会した2人は、ほどなく恋に落ち、幸せの中結婚する。甘い新婚生活に浸る2人だったが、いつの頃からかスジンの物忘れが度を越したものとなっていく。心配になって医者に診てもらったところ、若年性アルツハイマーという思いもよらぬ診断結果を告げられるのだった。>



あらすじ読んだらわかるとおり、号泣ものです。
映画館ではぐはぐ言いながら泣きました。・゚・(つД`)・゚・。

記憶を失うってほんとこわいよなぁ。
(。=`ω´=)んー。
以下はネタバレしまくりの可能性ありなので、
嫌な人は読まないほうがいいですw
とりあえず、けっこういいので観て損はない、とだけ先に言っとこうw

前半はこれでもかってくらい、二人がラブラブで。
ぅゎぁ・・・結婚したぃ・・・。
と、思いましたww

後半、スジンの病気が進行してからはもぅ、とても涙なしには・゜・(PД`q。)・゜・
「記憶が消えたら魂も消える」なんて、悲しすぎる言葉だと思う。
でも、本人にとっては本当にそうなのかも。
周りの人が消えて、生活が消えて、最後には自分も消えていく。
それはいわゆる精神の死ってやつ以外の何者でもなくって。
そういう運命だとか、そんな言葉で片付けられるほど潔くなれないでしょう。

最後には、結局スジンはチョンソから離れて施設に入って。
ふと記憶が戻った時にチョンソに手紙を書くんだけど。
それってちょっと残酷だなぁ、と思った。
忘れてくださいといいながら手紙を書くのは、どうなんだ。

んでも、なんか観てるうちにどっちがいいのかわからなくなってきた。
だって、忘れてくださいと言われても言われなくても、
忘れようとして忘れられるもんじゃないし。
だったら、気持ちを伝えられるだけ伝える方が優しいってことになるんだろか。

まぁ、私がそんなこと考えてもしょうがないわけですがw

お分かりの人も多いかと思いますが、
私は映画やら本やら、そういうのは感情移入しまくってしまう方でして(・ェ・o)
あくまでそんな私の感想であり、意見だということです。

|

« アイ,ロボット | トップページ | スカーレットレター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617508

この記事へのトラックバック一覧です: 私の頭の中の消しゴム:

« アイ,ロボット | トップページ | スカーレットレター »