« レイ | トップページ | ナショナル・トレジャー »

テイキング・ライブス


テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版

監督:D・J・カルーソー
原作:マイケル・パイ  『人生を盗む男』(徳間書店刊)
脚本:ジョン・ボーケンキャンプ
音楽:フィリップ・グラス
出演:アンジェリーナ・ジョリー/イーサン・ホーク/キーファー・サザーランド 他

<ある日、工事現場で白骨化の進んだ一体の死体が発見される。解決が容易でないと判断したモントリオール警察はFBIに捜査協力を要請、それを受けて女性特別捜査官イリアナ・スコットが単身でやって来る。彼女は現場や死体の状況からあらゆる情報を読み取り、犯人像を鮮やかに割り出して事件を解決してしまうプロファイルの天才。今回も彼女の分析で捜査は進展を見せ始めた。そんな矢先、新たな殺人事件が発生する。しかし今回は目撃者がいた。イリアナたちはその男コスタの情報から犯人がマーティン・アッシャーという男であることを突き止めるのだったが…。>



3回くらい叫びました。

最初あんまりにも穏やかに始まるんで、「これサスペンスじゃないの?」なんて思ってたけど。
なんのこたぁなぃ、それ以外全部サスペンスでした。
ただ・・・。
コワイって言えば確かに怖いけど、どっちかっていうと・・・。
緊張しっぱなしで疲れた・・・(;´д` )

なんてーか、多分犯人はすぐ目星がつく。
多分こいつが犯人だろうなぁ、とサスペンス好きなら直感するはずww
そのわりには終始ドキドキできて、おもしろいっちゃぁ面白かったかな。
ただ、そのドキドキっていうのが・・・。
どーも、「どこで犯人だってばらすんだ?」って意味のドキドキな気がするけど(ノω`)
思ってたほど、犯人の犯行自体の怖さ、みたいのはなかったかも。
もーちょっとコワイ犯人像の方が、どうせサスペンスなら面白いのに。

あとは、アンジリーナジョリーが美人すぎ、とか。
「ジャックバウアーじゃんΣ(゚ロ゚;)」とか。(24
微妙なツッコミどころが、けっこうあったかもw

まぁ私的感想としては、
観て楽しめるとは思うけど、「絶対観なきゃ!」って程ではない、
って感じです。

|

« レイ | トップページ | ナショナル・トレジャー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617511

この記事へのトラックバック一覧です: テイキング・ライブス:

« レイ | トップページ | ナショナル・トレジャー »