« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

SINGER SONGER / ばらいろポップ

ばらいろポップ

ばらいろポップ

  • アーティスト: SINGER SONGER, Cocco, 岸田繁
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/06/29
  • メディア: CD

<Coccoと、くるりの岸田繁、佐藤征史を中心に結成されたスペシャル・バンド、SINGER SONGERの1stアルバム。Coccoのヴォーカルもサウンドも、とにかくスコーンと突き抜けた、軽やかさが魅力的。>

なんとなく気になって、入手。

めっちゃ。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!と思って詳しく調べてみたら、なんのこたぁない、
お気に入りのアーティストさんが集まってつくってるバンドじゃないですかw
それは、気に入るわけですねー。

特にお気に入りの曲は、1曲目の「SING A SONG ~NO MUSIC,NO LIFE~」です。
NO MUSIC,NO LIFEって言葉、好きなんです(*´ω`*)
どっかで聞いたことあるよなーと思ってたら、COCCOのアルバムにもはいってました。

COCCOって、自分の曲にけっこう多い、痛々しい曲も似合うけど。
このアルバムみたいな、軽快で明るい曲にもすごく合うんだなーと、実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦争

宇宙戦争 監督: スティーヴン・スピルバーグ
製作: キャスリーン・ケネディ/ コリン・ウィルソン
原作: H・G・ウェルズ
脚本: デヴィッド・コープ/ ジョシュ・フリードマン
音楽: ジョン・ウィリアムズ
ナレーション: モーガン・フリーマン
出演: トム・クルーズ/ ダコタ・ファニング/ ティム・ロビンス/ ジャスティン・チャットウィン/ ミランダ・オットー/ ダニエル・フランゼーゼ/ ジーン・バリー/ アン・ロビンソン 他

<アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な男。別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいた。そして子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れた。晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、吹き荒れる強風の中、激しい稲光が地上に達し、地面に巨大な穴を空ける。すると大地が震え、地中で何者かが激しくうごめき始めたのだった。その光景を呆然と見つめていたレイ。町が次々と破壊され、人々がパニックに陥る中、レイは子どもたちのもとへ駆けつけ、彼らを守るため懸命に奔走するのだった。>

続きを読む "宇宙戦争"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M:i:III

M:i:III [Original Motion Picture Soundtrack] 監督: J・J・エイブラムス
製作: トム・クルーズ/ ポーラ・ワグナー
原作: ブルース・ゲラー
脚本: J・J・エイブラムス/ アレックス・カーツマン/ ロベルト・オーチー
音楽: マイケル・ジアッキノ/ ラロ・シフリン
出演: トム・クルーズ/ フィリップ・シーモア・ホフマン/ ヴィング・レイムス/ マギー・Q/ ジョナサン・リス=マイヤーズ/ ミシェル・モナハン/ ローレンス・フィッシュバーン/ ケリー・ラッセル/ サイモン・ペッグ/ ビリー・クラダップ/ エディ・マーサン/ バハー・スーメク 他

<超一流のスパイとして活躍したIMFのエージェント、イーサン・ハント。現在は引退し、教官として優秀なスパイの育成に務めていた。私生活でもフィアンセの看護士ジュリアとの結婚を控え、充実の日々を送っていた。そんなある日、イーサンのもとにIMFから新たなミッションが届く。教え子である女性エージェント、リンジーが悪の組織に拘束されてしまったのだ。さっそく同僚と共に救出へ向かうイーサン。やがてそんな彼の前に、国際的な闇ブローカー、オーウェン・デイヴィアンが立ちはだかる…。>

続きを読む "M:i:III"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr.&Mrs. スミス

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション 監督: ダグ・リーマン
製作: ルーカス・フォスター/ アキヴァ・ゴールズマン/ エリック・マクレオド/ アーノン・ミルチャン/ パトリック・ワックスバーガー
脚本: サイモン・キンバーグ
音楽: ジョン・パウエル
出演: ブラッド・ピット/ アンジェリーナ・ジョリー/ ヴィンス・ヴォーン/ アダム・ブロディ/ ケリー・ワシントン/ キース・デヴィッド 他

<運命的な出会いの末、電撃的に結婚したスミス夫妻。しかし、この2人には互いに相手に知られたくない秘密があった。実は、Mr.スミスは直感を頼りに修羅場をくぐり抜けてきた一流の殺し屋、一方のMrs.スミスも最新鋭のテクノロジーを駆使してミッションを遂行する暗殺エージェントのエースだったのだ。しかも2人は対立する組織に属していた。互いに正体を隠し結婚生活を送っていた2人だったが、ある時ついに、ミッション遂行中の現場でバッタリ出くわしてしまう。正体を知られてしまった以上、たとえ愛する人でも抹殺するのがこの世界の掟。さっそく2人は相手を始末すべく、壮絶な戦闘を開始するのだが…。>

続きを読む "Mr.&Mrs. スミス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様からひと言/荻原浩

神様からひと言

神様からひと言

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2005/03/10
  • メディア: 文庫

<大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。クレーム処理に奔走する凉平。実は、プライベートでも半年前に女に逃げられていた。ハードな日々を生きる彼の奮闘を、神様は見てくれているやいなや…。サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説。>

なんとなく、書店で目に付いて手に取った本です。
「書店員のおすすめ」みたいなPRしてたのかな。

けっこうおもしろく読めました。
地味なストーリーかと思っていたら、まぁ、その通りだったんですがw
地味な中にも、登場人物のキャラがよかったり、ネタがけっこう笑えたり。
現実にありそうななさそうな、会社員達の話です。

新入社員さんとか、なんか会社の組織ってのとうまくいかない、って人。
そういう人にはオススメなのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エターナル・サンシャイン

エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション 監督: ミシェル・ゴンドリー
製作: アンソニー・ブレグマン/ スティーヴ・ゴリン
脚本: チャーリー・カウフマン
音楽: ジョン・ブライオン
出演: ジム・キャリー/ ケイト・ウィンスレット/ キルステン・ダンスト/ マーク・ラファロ/ イライジャ・ウッド/ トム・ウィルキンソン 他

<バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエルは不思議な手紙を受け取った。そこには、最近ケンカ別れしてしまった恋人クレメンタインについてこう書かれていた。“クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社”。仲直りしようと思っていた矢先にそんな知らせを受け、立ち直れないジョエル。そして彼も、彼女との記憶を消すことを決意し、ラクーナ医院を訪れる。そこでは、一晩寝ている間に脳の中の特定の記憶だけを消去できる施術を行なっていた…。>

んー…。
ちょっとストーリーが、わかりにくかった…かも。
集中して見ないと、(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ? ってなりそうw

脳から特定の記憶だけを消すって…ほんとうにできたらいいのにねぇ。
私なんかは、施術なんか施さなくてもどんどん忘れていってますけど( ´艸`)プププ。
嫌な記憶って、残るんだよねぇ…。

まぁ、そんな私の呆け話はともかく。

ストーリーがややこしいってのもあって、そっちに神経集中しちゃったな。
おかげで感情移入がいまいちできず…。
ちょっと悔しい、かもw
前評判でちょっと期待しすぎたかなぁ。

思ってたほど、泣ける、とかいう映画ではなかったかも。
でも、なんかあったまるってゆーか。
作り過ぎない、等身大な、感動って感じでした。

━・━・━・━・━・━・━・ネタばれここから━・━・━・━・━・━・━・ 

続きを読む "エターナル・サンシャイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード (出演 トム・ハンクス) 監督: ロン・ハワード
製作: ブライアン・グレイザー/ ジョン・コーリー
原作: ダン・ブラウン  『ダ・ヴィンチ・コード』(角川書店)
脚本: アキヴァ・ゴールズマン
音楽: ハンス・ジマー
出演: トム・ハンクス/ オドレイ・トトゥ/ イアン・マッケラン/ アルフレッド・モリナ/ ジャン・レノ/ ポール・ベタニー 他

<ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起こる。遺体は奇妙な体勢で横たわり、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。フランス司法警察のファーシュ警部は、講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドンに協力を依頼、事件現場に呼び出す。宗教象徴学の権威であるラングドンはさっそく暗号の解読を始めるが、この時警部はラングドン自身をこそ疑っていた。そこへ、暗号解読官ソフィー・ヌヴーが現われる。ラングドンが無実で、事件解決には彼の力が不可欠だと確信する彼女は、直後、ある驚きの行動に出るのだった…。>

ぅん、おもしろかった。
(・0・。) ほほーって感じ。

宗教が絡む映画って考えさせられること多いんだけど。
これは、けっこう軽い感じで見れますね。
世の中で騒がれてる程、ショッキングな話ではなかった、かも。
まぁ、クリスチャンにとってどうなのかは、私には想像できませんけどね。
けっこう、TVの特番とかでもやられてて、話の内容知ってるからってのもあるかな。

ちなみに、原作は読んでません。
映画観たら、それで十分な気もするし、多分今後も読まないかなw
わざわざ読みたいと思わない…って言うと言い方悪いけど。
それだけ、かなり映画でしっかり作りこんであったってことかな、と思います。
原作だったら、もーちょっと細かい描写なんだろなーと思う部分もちょこっとありましたけど(ぁ

ちょっと長めの映画ですが、それでも飽きさせない作りになってるかと思います。
どうしようか迷ってる人には、観に行ってみることをお勧めしますよ(*´ω`*)

━・━・━・━・━・━・━・ネタバレここから━・━・━・━・━・━・━・

続きを読む "ダ・ヴィンチ・コード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライトプラン

フライトプラン 監督: ロベルト・シュヴェンケ
製作: ブライアン・グレイザー
製作総指揮: ロバート・ディノッツィ/ チャールズ・J・D・シュリッセル
脚本: ピーター・A・ダウリング/ ビリー・レイ
音楽: ジェームズ・ホーナー
出演: ジョディ・フォスター/ ピーター・サースガード/ ショーン・ビーン/ マーリーン・ローストン 他
フライトプラン

<愛する夫を突然の事故で亡くし深い悲しみに暮れる航空機設計士のカイル。彼女は夫の遺体を引き取り、6歳の娘ジュリアと共に最新型のジャンボジェット機で帰国の途上にあった。ところが、飛行中の機内でジュリアが忽然と姿を消してしまう。しかし乗客はおろか乗務員の誰一人としてジュリアを見た者はいなかった。さらには搭乗記録すらも存在しなかったことが判明する。それでも必死にジュリアの行方を捜すカイルに対し、乗務員がFAXで送られてきた情報を伝える。それによると、ジュリアは夫と一緒に亡くなっていたのだった。すべては精神的ショックが原因の妄想だったのか? しかしカイルはジュリアがいたことを改めて確信、彼女を取り戻すため決然と立ち上がるのだった。>

面白そうだなーと思いつつ、映画館に行けなかった作品。
いっぺんタイミング逃すと、なかなかいけないんだよねぇ( ´△`)。
観た感想としては、まぁまぁかな、って感じです。
思ってたより短くて、あっさり終わっちゃったかも。

個人的には、もーちょっと込み入って欲しいというか。
複雑であって欲しいというか。
そんな好みの問題で、まぁまぁ、って評価ですね。

上映時間短めでけっこう軽いので、暇つぶしに軽く見るには悪くないかもです。

━・━・━・━・━・━・━・ネタバレここから━・━・━・━・━・━・━・ 

続きを読む "フライトプラン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム


ゲーム

監督:デヴィッド・フィンチャー
製作:スティーヴ・ゴリン/セアン・チャフィン
脚本:ジョン・ブランカトー/マイケル・フェリス
音楽:ハワード・ショア
出演:マイケル・ダグラス/ショーン・ペン/デボラ・カーラ・アンガー 他

<実業家ニコラスは48歳の誕生日に、弟のコンラッドからCRS社主催の“ゲーム”の招待状をプレゼントされる。最初は馬鹿にしていたニコラスだが、「人生が一変するような素晴らしい体験ができる」という謳い文句にひかれてゲームに参加することにする。やがて、ブリーフケースの鍵の紛失、スキャンダルの発覚、CRS社のオフィスの消滅と、奇妙な出来事がニコラスの周りで次々に起こり始める。トラブルは次第に加速していき、遂には生命の危機にさらされることになる……。>

続きを読む "ゲーム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンヘッド


ドラゴンヘッド

監督:飯田譲治
原作:望月峯太郎
脚本:NAKA雅MURA/斉藤ひろし/飯田譲治
音楽:池頼広
出演:妻夫木聡/ SAYAKA/ 山田孝之/ 藤木直人/ 近藤芳正/ 根津甚八 他

<ある日、東京へ向かう新幹線が、静岡のトンネル内で原因不明の事故を起こした。車両は大破し、乗客は即死。だが、この惨事の中で、修学旅行帰りの高校生、青木テルと、同級生の瀬戸アコ、高橋ノブオの3人だけが奇跡的に生き残り、彼らは救助を待つことに。しかし、誰も彼らを助けに現われず、トンネル内はますます闇に覆われていき、ノブオは恐怖のため次第に精神に異常を来たしていく。そんな混乱の中、テルとアコは暗闇の恐怖を逃れるため地上に脱出するが、なんと2人の眼前に映ったのは白い灰が降る荒廃した大地だった…。>

続きを読む "ドラゴンヘッド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »