« フライトプラン | トップページ | エターナル・サンシャイン »

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード (出演 トム・ハンクス) 監督: ロン・ハワード
製作: ブライアン・グレイザー/ ジョン・コーリー
原作: ダン・ブラウン  『ダ・ヴィンチ・コード』(角川書店)
脚本: アキヴァ・ゴールズマン
音楽: ハンス・ジマー
出演: トム・ハンクス/ オドレイ・トトゥ/ イアン・マッケラン/ アルフレッド・モリナ/ ジャン・レノ/ ポール・ベタニー 他

<ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起こる。遺体は奇妙な体勢で横たわり、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。フランス司法警察のファーシュ警部は、講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドンに協力を依頼、事件現場に呼び出す。宗教象徴学の権威であるラングドンはさっそく暗号の解読を始めるが、この時警部はラングドン自身をこそ疑っていた。そこへ、暗号解読官ソフィー・ヌヴーが現われる。ラングドンが無実で、事件解決には彼の力が不可欠だと確信する彼女は、直後、ある驚きの行動に出るのだった…。>

ぅん、おもしろかった。
(・0・。) ほほーって感じ。

宗教が絡む映画って考えさせられること多いんだけど。
これは、けっこう軽い感じで見れますね。
世の中で騒がれてる程、ショッキングな話ではなかった、かも。
まぁ、クリスチャンにとってどうなのかは、私には想像できませんけどね。
けっこう、TVの特番とかでもやられてて、話の内容知ってるからってのもあるかな。

ちなみに、原作は読んでません。
映画観たら、それで十分な気もするし、多分今後も読まないかなw
わざわざ読みたいと思わない…って言うと言い方悪いけど。
それだけ、かなり映画でしっかり作りこんであったってことかな、と思います。
原作だったら、もーちょっと細かい描写なんだろなーと思う部分もちょこっとありましたけど(ぁ

ちょっと長めの映画ですが、それでも飽きさせない作りになってるかと思います。
どうしようか迷ってる人には、観に行ってみることをお勧めしますよ(*´ω`*)

━・━・━・━・━・━・━・ネタバレここから━・━・━・━・━・━・━・





この映画の面白いとこは、やっぱりキリストが実は結婚してて、
子どももいるんだっていう仮説に迫っていく部分だと思うわけで。
そういう意味では、先にその話知っちゃってたのは、ちょっと残念・・・かな。

けっこう面白い説だと思うんだけどねw
事実がどうだったのか。
それは今となっては知る由もないわけで。
作中でも言ってたように、要は「何を信じるか」ってことだと思います。

結婚してたかとか子どもがいたかとか。
現在もその末裔が生き残ってるとか。
そういう部分はちょっとわからないけど、
「キリストは人間だった」ってとこは、個人的にそうだと思う。
解釈は、いろいろあるでしょうけどね。

最後に、「聖杯」に辿り着いたトムハンクス。
それからどうしたのかなーw
世間に発表したら一大事だよね…。
まぁ、そんなことするような流れじゃなかったので、きっとあのまま静かに眠らせるのでしょう。
真実とともに。

|

« フライトプラン | トップページ | エターナル・サンシャイン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617518

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード:

« フライトプラン | トップページ | エターナル・サンシャイン »