« ALWAYS 三丁目の夕日 | トップページ | インファナル・アフェアII 無間序曲 »

インファナル・アフェア

インファナル・アフェア 監督: アンドリュー・ラウ/ アラン・マック
製作: アンドリュー・ラウ
脚本: アラン・マック/ フェリックス・チョン
音楽: コンフォート・チャン
出演: アンディ・ラウ/ トニー・レオン/ アンソニー・ウォン/ エリック・ツァン/ エディソン・チャン/ ショーン・ユー/ サミー・チェン/ ケリー・チャン/ チャップマン・トー 他

<1991年、ストリート育ちの青年ラウは香港マフィアに入ってすぐ、その優秀さに目を付けたボスによって警察学校に送り込まれる。一方、警察学校で優秀な成績を収めていた青年ヤンは突然退学となる。彼は、警視に能力を見込まれマフィアへの潜入を命じられたのだった。やがて2人の青年は、偽りの身分の中で着実に実績を積みそれぞれの組織で重要なポストを与えられていく。そしておよそ10年後、警察はヤンから大きな麻薬取引の情報を受け取る。しかし警察の包囲網はラウによってマフィア側に筒抜けとなっていた。検挙も取引も失敗に終わったことで、警察、マフィア双方がスパイの存在に気づいてしまうのだった…。>


実はこれ、映画館で観てたんですけどね。
面倒だったのか、感想書いてなかったですねーw
そろそろ3作観るかーってことで、改めて。
2作目から観ればいい気もしましたが…。
トニーレオンさんとアンディラウさんかっこいいのでもっかい(*・ω・*)。

━・━・━・━・━・━・━・ネタバレここから━・━・━・━・━・━・━・

とにかく暗い作品ですが、捨て置けないというか。
個人的にすごく好きな話です。
ハッピーエンドって、観終わったあと気分いいけど、残りにくいんですよね。
この作品みたいに考える余韻が残るのも、たまにはいいな。
いつもだと疲れるけどw

正義と悪とか。
この話には「罪」というよりも、「業」って言葉がしっくりくる。
唯一残ったラウ。

ラウはやりなおすチャンスを求めて、ヤンに却下されてしまったけど、
彼にとってはそうして公に許されないことで、救われるはずだったんだろう。
マリーにヤンのデータに関する伝言を残したってことは、殺されてもいい覚悟で望んだはずだし。

しかしもう一人の潜入者によってその望みを消し去られて、
今度こそ本当に、一人で終わりない偽りの人生を生きることを選ぶラウ。
それは単なる保身なのか、それとも業を背負って生きるってことなのか。
物語的には、後者の方がちょっとかっこいいですね(*´ω`*)。
どっちにしろ、あれだけ大きな暗部を一人で抱え続けるのって、
普通の神経してたら相当しんどそうです。

ぁー、でもマリーがいたか…。
あのあとマリーとの関係はどうなったんでしょう。
見る人にお任せってことなのか、それとも今後の2作目、3作目でわかるのかな?
まぁ詳しい考察は全部見てからの方がよさそうですねw


ってことで、本作に限ってコメント。
お気に入りは、ヤンが街中で昔の女とその子どもに会うシーン。
多分あの女の子、ヤンの子どもってことですよね?
ヤンが気づいてるのかどうかはあまり描写されてなかったように思いますが、
もしかすると、知ってたのかなー、なんて思ってます。
ぅん、多分願望ですw
そう考えると、さらに感慨深いシーンになるじゃないですか(*´ω`*)。

あとは、警視が死亡するあたり。
最期にヤンと別れるシーンとか、警視の死に直面したヤンの表情とか回想とか。
そのあとの車中でのキョンとのやりとりもなかなか。
このへんは涙腺やばかったです。

━・━・━・━・━・━・━・ネタバレここまで━・━・━・━・━・━・━・

ごたごた書きましたが、やっぱ3作全部みないとわからない部分も多そうですねー。
とはいえ、この1作だけでもかなり見ごたえがあるというか。
いいシーンがあちこちに散りばめられてます。
多分、これ単体でみてもかなり素晴らしい作品といえるのでは。

暗い話が嫌いじゃない方は、ぜひ観てほしいですね。
B級アジア映画だと思い込んで見逃すのは、ちょっともったいないと思いますw

スコセッシ監督、ディカプリオとマッドデイモン主演で、ハリウッドリメイクされるらしいですが。
なーんか、雰囲気変わりそうな気もしますねw
あまり期待せずに続報を待つことにします(●'-')。

|

« ALWAYS 三丁目の夕日 | トップページ | インファナル・アフェアII 無間序曲 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617542

この記事へのトラックバック一覧です: インファナル・アフェア:

« ALWAYS 三丁目の夕日 | トップページ | インファナル・アフェアII 無間序曲 »