« ブレイブ ストーリー | トップページ | 小島麻由美 / さよならセシル »

皇帝ペンギン

皇帝ペンギン プレミアム・エディション  監督: リュック・ジャケ
製作: イヴ・ダロンド/ クリストフ・リウー/ エマニュエル・プリウー
脚本: リュック・ジャケ/ ミシェル・フェスレール
音楽: エミリー・シモン
  声の出演: ロマーヌ・ボーランジェ/ シャルル・ベルリング/ ジュール・シトリュク
声の出演(日本語吹替版): 石田ひかり/ 大沢たかお/ 神木隆之介

<冬が訪れようとしている南極大陸。海で平穏に暮らしていた皇帝ペンギンたちは、彼らの生誕の地で営巣地でもあるオアモック(氷丘のオアシス)へ向け、100キロもの距離を行進のごとく歩み始めた。そしてカメラは、目的地に辿り着き無事産卵したペンギンの夫婦たちそれぞれのやりとりを、つぶさに映し出していく。やがて、産卵を終えた母ペンギンは卵を父ペンギンに託し、エサを求めて再び海へと旅立つ。一方、父ペンギンは仲間同士で寄り添って温め合い、マイナス40度の寒さと激しいブリザードに晒されながら120日間も絶食状態で卵を守り、エサを待ち続ける…。>


かゎぃぃっ・・・(((*´ω`*)))プルプル。

ペンギンの動きって、どうしてあんなにも愛らしいんでしょうか。
それでいて、2本の足でたどたどしくも歩く姿は、人のようにも見えたりして。
癒され、励まされました。

ペンギンだけじゃなくって、南極の大自然も必見だと思います。

ナレーションがドラマ仕立てだったため、ドラマにしたいのかドキュメンタリーにしたいのか、
中途半端だった気もする。
詳しいことはよく知らないのですが、すごく貴重な映像なんじゃないか、と思うので。
変にドラマ仕立てにすることでちょっと安っぽく?なってるような印象を受けたのがもったいない。

これを撮影したスタッフさんは本当にスゴイと思います。
寒がりな私には南極なんて考えられない。
きっと一生行くことのないであろう景色を、こうして見られることを嬉しく思います。

P.S. 途中眠気が来る覚悟はしておいてください。

|

« ブレイブ ストーリー | トップページ | 小島麻由美 / さよならセシル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617536

この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝ペンギン:

« ブレイブ ストーリー | トップページ | 小島麻由美 / さよならセシル »