« インファナル・アフェアII 無間序曲 | トップページ | オープン・ウォーター »

インファナル・アフェアIII 終極無間

インファナル・アフェアIII 終極無間 監督: アンドリュー・ラウ/ アラン・マック
製作: アンドリュー・ラウ
脚本: アラン・マック/ フェリックス・チョン
出演: アンディ・ラウ/ トニー・レオン/ レオン・ライ/ ケリー・チャン/ アンソニー・ウォン/ エリック・ツァン/ チャップマン・トー/ サミー・チェン/ ショーン・ユー/ エディソン・チャン/ チェン・ダオミン 他

<潜入捜査官ヤンの殉職から10ヵ月後、ヤン殺害の疑いは晴れ、一時的に庶務課への異動したのち内務調査課へと戻ってきたラウ。警察官として生きる道を選んだ彼は、事件以来、自らの手で警察内部にいる残りの潜入マフィアを次々と始末してきた。一方で彼は、生まれたばかりの赤ん坊を連れて自分のもとを去ったマリーと離婚危機に陥っていた。そんなさなか、彼の前には新たに保安部のエリート警官ヨンが立ちはだかる。ラウは、ヨンに対し潜入マフィアではないかとの疑いを強め、彼の身辺を調べ始めるのだが…。>


難しい。
暗い。
救われない。

でも、すごくおもしろいと思う。

Ⅰの回想とか補間を交えつつ、ラウのその後を描くお話。
Ⅱは観た方がより深くわかるかな、って程度ですが、間違いなくⅠを観てないと楽しめない。
というか、ⅠとⅡ両方見てもⅢは難しいです。

登場人物はさらに増えて名前もなんか似てるし、時系列複雑だし。
その上ラウの想像も混ざってるから、理解するのが非常に困難でした。
演技で魅せるというか、比較的説明臭い台詞が少ないのもその一因かも。
その分、決め台詞というか、ひとことが重いです。

━・━・━・━・━・━・━・ネタバレここから━・━・━・━・━・━・━・

ほんとに、理解するのが難しくって。
観終わった後、必死でぐーぐるさん使ってあらすじ検索しましたよw
フルストーリーのあらすじ見つからなかったんですが、
いろんな人のレビュー読んでてようやくなるほど、とわかってきたところです。

基本的には、Ⅰのころ(ヤン生存時)の回想をまじえつつ、
ラウのその後を描いてるお話。
新たにヨンとかいう怪しい警官がからんできて、追い詰められるラウ。
結局最後の方では、もぅ錯乱しちゃってると解釈できます。
ラウがスパイだという証拠テープを公然と流したのは、その説明が一番正しいと思う。
自分と、憧れのヤンとの区別がつかなくなったんだろうなーと。
レビュー検索しまくってようやくわかりました;;
そう思うと、Ⅰのラストの「なりたい」って台詞が、さらに重く響いてきました。

個人的にラウよりヤン派なので、Ⅰの方が好きでしたけど。
Ⅲでは、Ⅰではあんまりなかった、ヤンの幸せそうな場面も出てきてます。
そういう意味では、Ⅲまできてようやく、「ヤンは救われたのかなー」と思えるようになりました。
あまりにもラウの地獄が酷いので、比較しちゃうとどうしてもそうなりますね。
必死で善人になろうとしたラウの苦しみは、想像もつかないです。

━・━・━・━・━・━・━・ネタバレここまで━・━・━・━・━・━・━・

ヤンが警察学校を追い出され、それをラウが見つめるシーンは何度も出てきますが、
Ⅲの最後でも使われてます。
それが一番お気にいりの場面。
ウインクしてるヤンはほんとかっこよかった(*´ω`*)。
ぁ、ちなみにそのウインク、http://www.infernal.jp/keywords/の15番で見られます。
惚れてください(*´ω`*)。

わかりにくいという意味でも、お気に入りと言う意味でも、
もう1回観たいと思わされる作品です。
問題は、3部作っていう長さですがw

|

« インファナル・アフェアII 無間序曲 | トップページ | オープン・ウォーター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617544

この記事へのトラックバック一覧です: インファナル・アフェアIII 終極無間:

« インファナル・アフェアII 無間序曲 | トップページ | オープン・ウォーター »