« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

フジファブリック / フジファブリック

フジファブリック

フジファブリック

  • アーティスト: フジファブリック, 志村正彦
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2004/11/10
  • メディア: CD

続きを読む "フジファブリック / フジファブリック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男たちの大和/YAMATO

 
男たちの大和 / YAMATO  監督:  佐藤純彌  
製作:  角川春樹  
プロデューサー:  厨子稔雄/ 小柳憲子/ 村上典吏子  
原作:  辺見じゅん  『決定版 男たちの大和』(ハルキ文庫刊) 
脚本:  佐藤純彌  
音楽:  久石譲   
 出演:  反町隆史/ 中村獅童/ 鈴木京香/ 松山ケンイチ/  渡辺大/ 内野謙太/ 崎本大海/ 橋爪遼/ 山田純大/ 高岡建治 他

<2005年4月、鹿児島県枕崎の漁港。老漁師の神尾のもとを内田真貴子と名乗る女性が訪ね、60年前に沈んだ戦艦大和が眠る場所まで船を出してほしいと懇願する。彼女が大和の乗組員・内田二兵曹の娘と知り驚いた神尾は、小さな漁船を目的の場所へと走らせる。神尾もまた大和の乗組員だったのだ。内田二兵曹の名前を耳にし、神尾の胸裡に60年前の光景が鮮やかに甦ってくる…。>

続きを読む "男たちの大和/YAMATO"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリバー・ツイスト

オリバー・ツイスト プレミアム・エディション  監督:  ロマン・ポランスキー  
製作:  アラン・サルド/ ロベール・ベンムッサ/  ロマン・ポランスキー  
原作:  チャールズ・ディケンズ  
脚本:  ロナルド・ハーウッド  
音楽:  レイチェル・ポートマン  
出演:  バーニー・クラーク/ ベン・キングズレー/ ハリー・イーデン/ ジェイミー・フォアマン/ エドワード・ハードウィック/ リアン・ロウ/ マーク・ストロング/ イアン・マクニース   他

<19世紀イギリス。9歳になり、救貧院へと連れて来られた孤児のオリバー・ツイスト。しかし夕食の席でおかわりを求めたばかりに委員の怒りを買い追放処分に。その後葬儀屋の主人に一旦は引き取られるが、ここでも理不尽ないじめにあったオリバーは、ついに家を飛び出し70マイル彼方にある大都会ロンドンを目指す。そしてようやく辿り着いたロンドンでオリバーは、フェイギンが束ねる少年スリ団のリーダー、ドジャーと出会い、彼と行動を共にするのだが…。>

続きを読む "オリバー・ツイスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールド・ボーイ

オールド・ボーイ プレミアム・エディション  監督:  パク・チャヌク  
プロデューサー:  キム・ドンジュ  
原作:  土屋ガロン  (作)/『オールド・ボーイ』(双葉社・アクションコミックス刊) 
 嶺岸信明  (画) 
出演:  チェ・ミンシク/ ユ・ジテ/ カン・ヘジョン/ チ・デハン/ キム・ビョンオク/ オ・ダルス 他

<妻と一人娘を持つ平凡なサラリーマン、オ・デス。彼はある日突然何者かに誘拐され、小さな部屋に監禁されてしまう。テレビもあり食事も与えられるが、理由は決して明かされなかった。そのまま15年間監禁され続けた後、突然解放されたデス。いったい誰が、何の目的で? デスはふとしたことから知り合った若い女性ミドの助けを借りて、監禁した相手の正体を探り始める。そしていつしかミドはデスに愛情を抱くようになる。そんな2人の前に現われた謎の男ウジンは、“5日以内に謎を解き明かせ”と、互いの命を賭けた“ゲーム”を提案するのだった。>

続きを読む "オールド・ボーイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あらしのよるに

あらしのよるに スタンダード・エディション 監督: 杉井ギサブロー
アニメーション監督: 前田庸生
アニメーション制作: グループ・タック
製作: 近藤邦勝
原作・脚本: きむらゆういち
音楽: 篠原敬介
声の出演: 中村獅童/ 成宮寛貴/ 竹内力/ 山寺宏一/ 林家正蔵/ KABA.ちゃん/ 板東英二/ 柳原哲也/ 平井善之/ 小林麻耶/ 早見優/ 市原悦子  他

<ある嵐の夜、仲間とはぐれたヤギのメイは、壊れた山小屋に避難した。するとそこへ、同じように嵐を逃れてやってきた一匹の“仲間”。小屋の中は真っ暗でお互いの姿は見えないものの、心細かった二匹は言葉を交わし、次第に仲良くなっていく。そして、“あらしのよるに”を合い言葉に、翌日の再会を約束しそれぞれ小屋を後にする。ところが、待ち合わせの場所でメイの前に現われたの、なんとオオカミのガブだった。>

続きを読む "あらしのよるに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲時光

珈琲時光 監督: ホウ・シャオシェン
プロデューサー: 宮島秀司/ リャオ・チンソン/ 山本一郎/ 小坂史子
脚本: ホウ・シャオシェン/ チュー・ティエンウェン
出演: 一青窈/ 浅野忠信/ 萩原聖人/ 余貴美子/ 小林稔侍 他

<2003年、東京。台湾から戻ったばかりのフリーライター・陽子は、神保町の古書店の物静かな二代目主人・肇のもとを訪ねた。2人は陽子が資料探しのため古書街へ足を運んでいたことがきっかけで親しくなり、しばしば喫茶店で珈琲を飲みながら穏やかな時間を共有している。陽子は幼い頃、両親が離婚してしまったため、北海道に住む目の不自由な親戚に育てられた。今では実父と継母とも良い関係を築いている。そんなある日、彼女はお盆で久々に高崎の実家へ戻った際、突然両親に自分が妊娠していることを告げるのだった…。>

続きを読む "珈琲時光"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎のメモリアル

炎のメモリアル プレミアム・エディション 監督: ジェイ・ラッセル
製作: ケイシー・シルヴァー
製作総指揮: アーミアン・バーンスタイン/ マーティ・P・ユーイング
脚本: ルイス・コリック
音楽: ウィリアム・ロス
  出演: ホアキン・フェニックス/ ジョン・トラヴォルタ/ ジャシンダ・バレット/ ロバート・パトリック/ モリス・チェスナット/ ビリー・バーク/ バルサザール・ゲティ/ ジェイ・ヘルナンデス 他

<ボルティモアの消防署に勤務するベテラン消防士ジャック・モリソン。ラダー隊(ハシゴ車隊)に所属する彼の任務は、真っ先に炎の中に飛び込み生存者を救出すること。ある日、穀物倉庫で発生した火災現場に駆けつけた彼は、取り残された一人の男性を窓からロープで脱出させた直後、爆発に巻き込まれ、自力での脱出が不可能になってしまう。ジャック救出に総力を挙げる消防士仲間たち。一方、彼らの到着を待つジャックの脳裏にはいつしか懐かしい日々が蘇る。それは入隊以来、署長のマイク・ケネディや先輩たちと数々の苦楽を共にしたかけがえのない思い出だった…。>

続きを読む "炎のメモリアル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE 有頂天ホテル

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション 監督・脚本: 三谷幸喜
製作: 亀山千広/ 島谷能成
プロデューサー: 重岡由美子/ 小川泰/ 市川南
音楽: 本間勇輔
出演: 役所広司/ 松たか子/ 佐藤浩市/ 香取慎吾/ 篠原涼子/ 戸田恵子/ 生瀬勝久/ 麻生久美子/ YOU/ オダギリジョー 他

<都内の高級ホテル“ホテルアバンティ”。新年のカウントダウンパーティーまであと2時間あまり。その成否はホテルの威信に関わり、これを無事終えることが副支配人の新堂平吉に課せられた責務。ところが、そんな新堂をあざ笑うかのように、思いも掛けないトラブルが次々と発生する。刻一刻と新年のカウントダウンが迫る中、従業員と“訳あり”宿泊たちを襲う数々のハプニング。はたして彼らは無事に新年を迎えることができるのか?>

続きを読む "THE 有頂天ホテル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博士の愛した数式

博士の愛した数式 監督・脚本: 小泉堯史
プロデューサー: 荒木美也子/ 桜井勉
原作: 小川洋子 『博士の愛した数式』(新潮社刊)
音楽: 加古隆
出演: 寺尾聰/ 深津絵里/ 齋藤隆成/ 吉岡秀隆/ 浅丘ルリ子 他

<家政婦をするシングルマザーの杏子が新たに派遣された先は、交通事故に遭って以来80分しか記憶が持たなくなってしまったという天才数学博士のもと。杏子は最初に博士の義姉から説明を受け、博士が住む離れの問題を母屋に持ち込まないようクギを差される。そして当の博士は記憶を補うために着ている背広にいくつものメモを貼り付けていた。80分しか記憶が続かない上、数学のことだけを考えて生きてきた博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。それでも少しずつ博士との接し方を学んでいく杏子。同時に彼女は、博士の語る数や数式に秘められた神秘的な美しさに魅了されていく。やがて、10歳の息子が一人で留守番していると知った博士は、息子も連れてくるよう杏子に約束させる。そして博士は息子がやって来ると彼のことを(ルート)と呼んだ。ルートと博士はすぐに打ち解け合い、これを境に3人の間に楽しく和やかな時間が流れていくようになるのだが…。>

続きを読む "博士の愛した数式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルベット・レイン

ベルベット・レイン 監督: ウォン・ジンポー
製作: エリック・ツァン
製作総指揮: アラン・タム/ アンディ・ラウ
脚本: トー・チーロン
音楽: マーク・ロイ
出演: アンディ・ラウ/ ジャッキー・チュン/ ショーン・ユー/ エディソン・チャン/ リン・ユアン/ エリック・ツァン/ チャップマン・トー/ ウー・チェンリン/ ノーマン・チュー 他

<黒社会を牛耳り尊敬も集めている大ボス、ホンに暗殺計画の噂が立ち上る。ホンの忠実な弟分で冷酷無慈悲なレフティは、暗殺を阻止せんと周囲に目を光らせる。そんな中、ホンの妻に息子が生まれる。守る者が出来たと決意を新たにするホンと、これを機に引退を勧めるレフティ。固い絆で結ばれた2人にも、いつしか微妙な確執が生まれていた。一方、一旗あげようと目論むチンピラのイックとターボは、ある暗殺計画の実行者を選ぶクジ引きに参加するため会場のディスコへ駆けつける。そして、みごと賭けに勝利したイックに暗殺用の武器が手渡される…。>

続きを読む "ベルベット・レイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »