« ベルベット・レイン | トップページ | THE 有頂天ホテル »

博士の愛した数式

博士の愛した数式 監督・脚本: 小泉堯史
プロデューサー: 荒木美也子/ 桜井勉
原作: 小川洋子 『博士の愛した数式』(新潮社刊)
音楽: 加古隆
出演: 寺尾聰/ 深津絵里/ 齋藤隆成/ 吉岡秀隆/ 浅丘ルリ子 他

<家政婦をするシングルマザーの杏子が新たに派遣された先は、交通事故に遭って以来80分しか記憶が持たなくなってしまったという天才数学博士のもと。杏子は最初に博士の義姉から説明を受け、博士が住む離れの問題を母屋に持ち込まないようクギを差される。そして当の博士は記憶を補うために着ている背広にいくつものメモを貼り付けていた。80分しか記憶が続かない上、数学のことだけを考えて生きてきた博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。それでも少しずつ博士との接し方を学んでいく杏子。同時に彼女は、博士の語る数や数式に秘められた神秘的な美しさに魅了されていく。やがて、10歳の息子が一人で留守番していると知った博士は、息子も連れてくるよう杏子に約束させる。そして博士は息子がやって来ると彼のことを(ルート)と呼んだ。ルートと博士はすぐに打ち解け合い、これを境に3人の間に楽しく和やかな時間が流れていくようになるのだが…。>




おもしろいどうこういうよりも、とにかくキレイ。
映像も、人も、言葉も。
やっぱ邦画好きだな(*´ω`*)。

深津絵里さんが出演ってことで、映画館に観に行きたかったんですが、気がついたら終わってて。
ようやく観る機会が出来ました。
予想通り、すごくゆったりとした世界で。
大笑いするでもなく、号泣するでもなく。
ほんのり何かが灯る、そんな映画です。
ドラマの「やさしい時間」に雰囲気似てるかも。
寺尾聰さん効果かなw

でもあれだ。
最初吉岡秀隆さんが吉岡秀隆に見えなかった(´ρ`)。
きっと髪型がいつもと違うってだけだけどね。
あんな先生いたら面白いだろうなぁ…w
授業進まなさそう( *´艸`)クスクス。
うちの高校ん時の数学教師も、数学の美しさについて熱く語ってたのを思い出しました。


この作品については、どうこうとごちゃごちゃ語るよりも。
美しさを、やさしさを、人間臭い数学を。
感じて欲しいと思います。

|

« ベルベット・レイン | トップページ | THE 有頂天ホテル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617548

この記事へのトラックバック一覧です: 博士の愛した数式:

« ベルベット・レイン | トップページ | THE 有頂天ホテル »