« ファイティング・テンプテーションズ | トップページ | ミュンヘン »

交渉人 真下正義

 
交渉人 真下正義 スタンダード・エディション  監督:  本広克行  
製作:  亀山千広  
プロデューサー:  臼井裕詞/ 堀部徹/ 安藤親広  
原案:  君塚良一  
脚本:  十川誠志  
音楽:  松本晃彦  
出演:  ユースケ・サンタマリア/ 寺島進/ 小泉孝太郎/ 高杉亘/ 松重豊/ 甲本雅裕/ 遠山俊也/ 柳葉敏郎/ 水野美紀/ 國村隼 他

<ロサンゼルス市警でFBI訓練プログラムを受け、警視庁初の交渉人となった真下正義警視。2003年11月24日、レインボーブリッジを封鎖して解決した“台場連続殺人事件”。真下警視は報道陣を前に事件の経緯を説明していた――。あれから1年。2004年12月24日、雪乃とのデートを約束していた警視庁交渉課準備室課長の真下に、室井管理官から緊急の呼び出しがかかる。地下鉄の最新鋭実験車両1両が何者かに乗っ取られ、複雑に張り巡らされた東京の地下鉄網を暴走、乗降客200万人の命に危険が及んでいた。そしてこの恐るべき事件を引き起こした犯人は、交渉の窓口に、真下を指名したのだった…。>



テレビでやってたので、観ました。
おもしろいっちゃぁおもしろかったかな?
変な人だとは思うけど、ユースケさん好きだしw

言うても、ドラマの踊るはたまに見てた程度なんであんま人間関係とかわからず…。
映画中で出てきた人が映画オリジナルなのか、ドラマでおなじみの人なのかとか。
そういうのがわからんので、私にとってはその分楽しめる度は下がってるかもです。


さてさて、映画の話でしたね。
ストーリーは・・・他のことしながらだったりしたんで、集中できてなかったのもあるけども。
なんか早いっていうか、軽いっていうか?
あれあれって思ってるうちに終わってました(;´Д`)。

なんだろ…。
おもしろいかもしれんけど、わざわざ映画にする意味あったんか?と。
別に踊る番外編ってことで、1時間半とか2時間のドラマスペシャル的扱いで十分なような。
多分、踊るファンの方には嬉しいんだろうけども。
そうでない人には、テレビでやってるのを見るくらいで
ちょうどいいんではなかろうかと思いました。

|

« ファイティング・テンプテーションズ | トップページ | ミュンヘン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617563

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉人 真下正義:

« ファイティング・テンプテーションズ | トップページ | ミュンヘン »