« 交渉人 真下正義 | トップページ | イルマーレ »

ミュンヘン

ミュンヘン スペシャル・エディション  監督:  スティーヴン・スピルバーグ
製作:  スティーヴン・スピルバーグ/ キャスリーン・ケネディ/ バリー・メンデル/ コリン・ウィルソン
原作:  ジョージ・ジョナス  『標的(ターゲット)は11人 モサド暗殺チームの記録』(新潮文庫刊)
脚本:  トニー・クシュナー/ エリック・ロス
音楽:  ジョン・ウィリアムズ
出演:  エリック・バナ/ ダニエル・クレイグ/ キアラン・ハインズ/ マチュー・カソヴィッツ/ ハンス・ジシュラー/ ジェフリー・ラッシュ/ アイェレット・ゾラー/ マチュー・アマルリック/ ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ 他

<1972年9月5日未明、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的に人質となったイスラエル選手団の11名全員が犠牲となる悲劇が起きた。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機関“モサド”の精鋭5人による暗殺チームを秘密裏に組織する。チームのリーダーに抜擢されたアヴナーは祖国と愛する家族のため、車輌のスペシャリスト、スティーヴ、後処理専門のカール、爆弾製造のロバート、文書偽造を務めるハンスの4人の仲間と共に、ヨーロッパ中に点在するターゲットを確実に仕留めるべく冷酷な任務の遂行にあたるのだが…。>




( ゚ ρ ゚ )…。

だめでした、今の私には…。
長い、暗い、重いでけっこうしんどかったです。
これはもっと余裕がある時に、ゆっくり見たいですね。
ぁぁ・・・でももう1度観る気になれるかな…w


ちゃんとした感想を期待してた方には申し訳ないです。

なんだか最近改めて実感してます。
私にとっての映画って、娯楽って意味と共に、現実逃避って意味がすごく大きいみたい。
ここんとこいろいろ忙しかったりで余裕がないからか、映画鑑賞にまわす気力が…。
自分のことでいっぱいいっぱいなのに、人の人生やら考えに付き合ってられるか!
ってとこですかねー(ノω`)。
しばらくは、もーちょっと娯楽性の強い作品選ぼうかと思います…。
 

|

« 交渉人 真下正義 | トップページ | イルマーレ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617564

この記事へのトラックバック一覧です: ミュンヘン:

« 交渉人 真下正義 | トップページ | イルマーレ »