« 手紙 | トップページ | dorlis / Swingin' Party »

タイヨウのうた

タイヨウのうた スタンダード・エディション  監督:  小泉徳宏  
製作:  久松猛朗/ 阿部秀司/ 村松俊亮/  遠谷信幸/ 吉鶴義光/ 古屋文明/ 喜多埜裕明  
原作・脚本:  坂東賢治
音楽:  YUI/ 椎名KAY太  
出演:  YUI/ 塚本高史/ 麻木久仁子/ 岸谷五朗/ 通山愛里 他 

<海辺の街に暮らす16歳の少女、雨音薫。彼女は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気のため、昼間眠り、夜になると活動する不自由な毎日を送っていた。それでも家族や親友に支えられ、そして何よりも大好きな歌を歌うことで、日々を明るく生きていた。そんな彼女の密かな楽しみが、毎朝サーフボードを抱えて海へと向かう少年を部屋の窓から眺めること。彼は18歳の高校生、藤代孝治。ある夜、いつものように公園で弾き語りライブをしていた薫は、目の前を通り過ぎる孝治に気づく。衝動的に彼を追いかけた薫は、勢い余ってそのまま愛の告白をしてしまうが…。>




泣けるだろうと思ってたら、やっぱり泣けました。
映画観て泣くのは、ストレス発散になりますね(・ω・)。

主人公が聞いたこともないような難病って設定で。
ただ、病気の苦しさとかよりは、それにも負けずに前向きに生きる少女、
ってイメージの方が強かったです。
病気モノだからといって、暗いだけのお話ではないってことです。


YUIメインな前半よりも、塚本さんや家族に焦点が当たってくる
後半の方が感じるものがありました。
本格的な女優さんじゃないので、あまり多くを求めるのもあれかもですが…。
なーんか、軽く違和感感じましたね。
ストリートライブしてる場面とか、音がキレイすぎて、
口パクに見えてしょうがなかった。
せっかく彼女のリアルな表情映すのだから、
もーちょっと違った音で流してもらった方が、響いた気がします。
別に私は、YUIのPVを観たいわけじゃないので…。

バカな高校生役の塚本さん。
最初出てきたときはどうかと思いましたが、徐々にハマりました(*´ω`*)。
後半にいくにつれて、役にはまってきてるというか。
表情とか、セリフとか。
ちょっとずつ沁みてくる感じでした。
どーせなら、彼主役の方がよかったんじゃないかと思いました(ノω`)。


ストーリー自体は、すごくきれいで。
YUI演じる薫の芯の強さ、うらやましいと思わされた。
悩んで、迷って、たどりついた場所なんだろうけど。


いつになったら、そうなれるのかなー('A`)。

|

« 手紙 | トップページ | dorlis / Swingin' Party »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617569

この記事へのトラックバック一覧です: タイヨウのうた:

« 手紙 | トップページ | dorlis / Swingin' Party »