« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

アンフェア the movie

アンフェア the movie (出演 篠原涼子、椎名桔平)  監督:  小林義則  
製作:  千草宗一郎/ 亀山千広/ 島谷能成  
プロデューサー:  吉條英希/ 稲田秀樹  
原作:  秦建日子  『推理小説』(河出書房新社刊) 
脚本:  佐藤嗣麻子  
音楽:  住友紀人   
出演:  篠原涼子/ 椎名桔平/ 成宮寛貴/  阿部サダヲ/ 濱田マリ/ 加藤ローサ/ 向井地美音/ 加藤雅也/ 大杉漣/ 寺島進/ 江口洋介 他


<警視庁公安部総務課に異動した警部補・雪平は、警察内部の不正が書かれているという極秘文書を探っていた。そんなある日、自宅の駐車場で車が爆発し、娘の美央が大怪我を負ってしまう。警察病院に搬送された娘を見届け、そこをあとにする雪平。だが、その直後、病院は謎のテロリスト集団に占拠されるのだった。彼らは、“警察庁が機密費を不正流用してプールした裏金80億円を2時間以内に用意せよ”と要求、さらにこの時来院中だった警察庁長官も人質となってしまった。警察側は長官救出を最優先としてSAT(テロ対策特殊部隊)の突入を決断。一方、雪平は事件に巻き込まれた娘を救い出そうと行動を起こすが…。>

続きを読む "アンフェア the movie"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピー フィート

ハッピーフィート 監督:  ジョージ・ミラー  
共同監督:  ジュディ・モリス/ ウォーレン・コールマン  
製作:  ジョージ・ミラー/ ダグ・ミッチェル/ ビル・ミラー  
脚本:  ジョージ・ミラー/ ジョン・コリー/ ジュディ・モリス/  ウォーレン・コールマン  
音楽:  ジョン・パウエル  
アニメーションディレクター:  ダニエル・ジャネット   
声の出演:  イライジャ・ウッド/ ブリタニー・マーフィ/ ヒュー・ジャックマン/ ニコール・キッドマン/ ロビン・ウィリアムズ 他


<そこは皇帝ペンギンの国、エンペラー帝国。彼らにとって何より大事なことは、自分だけの“心の歌”を見つけること。歌でハートを伝えられなければ、大人になった時に最愛の人に巡り逢うことは出来ないのだった。ところが、ノーマ・ジーンとメンフィスの間に生まれたマンブルは筋金入りの音痴。しかも、ハートを伝えようとすると、歌の代わりに誰にもマネの出来ない華麗でハッピーなステップを踏んでしまうのだ。ほどなくペンギン失格の烙印を押され、仲間はずれにされてしまったマンブル。そんな彼は、ひょんなことからアデリー・ペンギンのノリノリ5人組“アミーゴス”と出会い、自慢のステップを褒められ自信を取り戻すのだったが…。>

続きを読む "ハッピー フィート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生贄を抱く夜(神麻嗣子の超能力事件簿) / 西澤保彦

生贄を抱く夜

生贄を抱く夜

  • 作者: 西澤 保彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/12/07
  • メディア: 新書


<超能力があったらな……。そんな貴方の願望を打ち砕く<チョーモンイン>シリーズ!
嗣子・響子・能解らが対峙(退治)する超難解な超常事件!
性悪美人の友人・真寿美(ますみ)に、人生を狂わされた地味で平凡なOL・波子は、嫌々招かれた豪邸で突然意識を失った。気づくと何故か手足を縛られ、裸同然の姿に!?そして雷鳴が轟く密室の中、“あの女”の死体が現れた!歪んだ人間関係と超能力が交錯する表題作ほか、神麻嗣子(かんおみつぎこ)、神余響子(かなまりきょうこ)、能解(のけ)警部らが超常事件と対峙する!>

続きを読む "生贄を抱く夜(神麻嗣子の超能力事件簿) / 西澤保彦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロデューサーズ

 
プロデューサーズ コレクターズ・エディション  監督:  スーザン・ストローマン  
製作:  メル・ブルックス/ ジョナサン・サンガー  
脚本:  メル・ブルックス/ トーマス・ミーハン  
振付:  スーザン・ストローマン  
作詞作曲:  メル・ブルックス  
音楽スーパーバイザー・指揮:  パトリック・ブレイディ  
出演:  ネイサン・レイン/ マシュー・ブロデリック/ ユマ・サーマン/ ウィル・フェレル/ ゲイリー・ビーチ/ ロジャー・バート/ マイケル・マッキーン 他 

<1959年、ニューヨーク。かつてはブロードウェイで栄光を極めたものの今やすっかり落ち目のプロデューサー、マックス・ビアリストック。製作費を集めるため、今日も有閑老婦人のご機嫌とりに悪戦苦闘。そんな彼のもとにやって来たのは、異常に神経質な小心者の会計士レオ・ブルーム。さっそく帳簿の整理を始めた彼は、ショウが失敗したほうがプロデューサーは儲かる場合もあるという不思議なカラクリを発見する。それを聞いたマックスは、大コケ確実のミュージカルを作り出資金を丸ごといただいてしまおうとレオに協力を持ちかける。一度は拒否したレオだったが、小さい頃からの夢だったブロードウェイのプロデューサーになるチャンスと思い直し、マックスのもとへと舞い戻る。かくしてレオとマックスは史上最低のミュージカルを作るべく、まずは史上最低の脚本選びに取り掛かるのだが…。>

続きを読む "プロデューサーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »