« 生贄を抱く夜(神麻嗣子の超能力事件簿) / 西澤保彦 | トップページ | アンフェア the movie »

ハッピー フィート

ハッピーフィート 監督:  ジョージ・ミラー  
共同監督:  ジュディ・モリス/ ウォーレン・コールマン  
製作:  ジョージ・ミラー/ ダグ・ミッチェル/ ビル・ミラー  
脚本:  ジョージ・ミラー/ ジョン・コリー/ ジュディ・モリス/  ウォーレン・コールマン  
音楽:  ジョン・パウエル  
アニメーションディレクター:  ダニエル・ジャネット   
声の出演:  イライジャ・ウッド/ ブリタニー・マーフィ/ ヒュー・ジャックマン/ ニコール・キッドマン/ ロビン・ウィリアムズ 他


<そこは皇帝ペンギンの国、エンペラー帝国。彼らにとって何より大事なことは、自分だけの“心の歌”を見つけること。歌でハートを伝えられなければ、大人になった時に最愛の人に巡り逢うことは出来ないのだった。ところが、ノーマ・ジーンとメンフィスの間に生まれたマンブルは筋金入りの音痴。しかも、ハートを伝えようとすると、歌の代わりに誰にもマネの出来ない華麗でハッピーなステップを踏んでしまうのだ。ほどなくペンギン失格の烙印を押され、仲間はずれにされてしまったマンブル。そんな彼は、ひょんなことからアデリー・ペンギンのノリノリ5人組“アミーゴス”と出会い、自慢のステップを褒められ自信を取り戻すのだったが…。>




予想通り、かわいい尽くしな映画でした。
皇帝ペンギンとか思い出しながら見てました。
主人公マンブルの幼少時代がとにかく可愛かったですね(*´ω`*)。


■□■□■□■□■□ネタバレここから■□■□■□■□■□


ただ、そのかわいい幼少時代が意外と短くって。
気がついたら大人になってます。
それが・・・他と差をつけるためか変なペンギンで(ぁ
どーも、予告の可愛いペンギンにだまされた気分になりました(´・ω・`)。

もうひとつのマイナス点は、ラスト付近。
大人しくかわいいかわいいで終わってくれれば良いのに。
環境問題とかが入ってくるからなーんか、すっきりしなかった。
水族館の中にいるペンギンとか、すっごい悲しくなっちゃったし。
子供に対する教育映画としては、なかなか良作なのかもしれませんが、
もっとファンタジーでほのぼのな話を期待していた私としては、
すこし評価ダウンとなりました。


■□■□■□■□■□ネタバレここまで■□■□■□■□■□


見た目どおり、大人が楽しむために見るよりも、
子供のための映画だと思いました。

|

« 生贄を抱く夜(神麻嗣子の超能力事件簿) / 西澤保彦 | トップページ | アンフェア the movie »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617581

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピー フィート:

« 生贄を抱く夜(神麻嗣子の超能力事件簿) / 西澤保彦 | トップページ | アンフェア the movie »