« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

  監督:  ゴア・ヴァービンスキー  
製作:  ジェリー・ブラッカイマー   
脚本:  テッド・エリオット/ テリー・ロッシオ  
音楽:  ハンス・ジマー  
出演:  ジョニー・デップ/ オーランド・ブルーム/ キーラ・ナイトレイ/ ジェフリー・ラッシュ/ ビル・ナイ/ チョウ・ユンファ/ ステラン・スカルスガルド/ トム・ホランダー/ ナオミ・ハリス/ キース・リチャーズ  他
 

<デイヴィ・ジョーンズの心臓を手中に収め強大な支配力を得た東インド会社のベケット卿は、世界制覇を目論み次々と海賊たちを撃破、ついに海賊の時代は終焉を迎えようとしていた。そこで海賊たちは、最後の望みである“伝説の海賊”9人を招集し、世界中の海賊たちによる全面対決に挑むことに。しかし、その9人のうちのひとりが生死不明のジャック・スパロウだと判明。やがて、ウィルやエリザベスたちは、溺死した船乗りが囚われているという“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー”にジャックがいると確信し、救出に向かうのだが…。>

続きを読む "パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャスティング・ディレクター

キャスティング・ディレクター [DVD]

監督:  アンソニー・ドレイザン  
製作:  アンソニー・ドレイザン/ リチャード・N・グラッドスタイン/ デヴィッド・ハンバーガー  
原作・脚本:  デヴィッド・レーブ  
音楽:  デヴィッド・ベアウォルド   
出演:  ショーン・ペン/ ケヴィン・スペイシー/ メグ・ライアン/ ロビン・ライト・ペン/ チャズ・パルミンテリ/ ギャリー・シャンドリング/ アンナ・パキン  他

 

 

<ハリウッドのキャスティング・ディレクターという華やかな世界の裏側を描いてアメリカでヒットした舞台劇の映画化。劇作家のデヴィッド・レーブが自ら脚本を手がけている。キャスティング・ディレクターのエディ(S・ペン)は、恋人のダーレーン(R・ライト・ペン)と同僚のミッキー(K・スペイシー)が寝たことでイラついているが、ミッキーとの友情を切れないでいる。そこに家出少女のドナ(A・パキン)が現れて2人と関係を持ちそのまま家に居着いてしまう……。>

続きを読む "キャスティング・ディレクター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凍りのくじら / 辻村深月

凍りのくじら

凍りのくじら

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 新書

<藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・芦沢光が失踪してから五年。残された病気の母と二人、毀れそうな家族をたったひとりで支えてきた高校生・理帆子の前に、思い掛けず現れた一人の青年・別所あきら。彼の優しさが孤独だった理帆子の心を少しずつ癒していくが、昔の恋人の存在によって事態は思わぬ方向へ進んでしまう…。家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く“少し不思議”な物語。 >

続きを読む "凍りのくじら / 辻村深月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むかしのはなし / 三浦しをん

むかしのはなし

むかしのはなし

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2005/02/25
  • メディア: 単行本

<人は変化する世界を言葉によって把握する。どんな状況においても、言葉を媒介に誰かと繋がっていたいと願う…。語られることによって生き延びてきた物語である「日本昔話」を語り変えた書下ろし7編を収録。 >

続きを読む "むかしのはなし / 三浦しをん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初恋

初恋 プレミアム・エディション 

監督:  塙幸成  
原作:  中原みすず  『初恋』(リトル・モア刊) 
脚本:  塙幸成/ 市川はるみ/ 鴨川哲郎  
音楽:  COIL  
出演:  宮崎あおい/ 小出恵介/ 宮崎将/  小嶺麗奈/  柄本佑/  青木崇高/ 松浦祐也/ 藤村俊二  他 

<学生運動が活発だった1960年代後半。高校生のみすずはひとり孤独の中にいた。学校でも友達をつくらず、家にも彼女の居場所はなかった。みすずは小さい頃、兄だけを連れて家を出た母親に捨てられ、叔母家族に引き取られ育てられたのだった。そんなある日みすずは、突然訪ねてきた兄が残していったマッチを頼りに、新宿のジャス喫茶Bへと向かった。彼女はそこで、兄や彼の仲間たちと出会う。その中にはちょっと謎めいた雰囲気の東大生、岸もいた。彼らの仲間に加えてもらい、初めて自分の居場所を実感するみすず。彼らと過ごす時間が増えていくにつれ、次第に岸に対して特別な感情を抱き始めるみすずだったが…。>

続きを読む "初恋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイダーマン3

監督:  サム・ライミ  
製作:  ローラ・ジスキン/ アヴィ・アラッド/ グラント・カーティス  
製作総指揮:  ジョセフ・カラッシオロ/ ケヴィン・フェイグ  
原作:  スタン・リー/ スティーヴ・ディッコ  
原案:  アイヴァン・ライミ/ サム・ライミ  
脚本:  アルヴィン・サージェント  
音楽:  クリストファー・ヤング  
出演:  トビー・マグワイア/ キルステン・ダンスト/ ジェームズ・フランコ/ トーマス・ヘイデン・チャーチ/ トファー・グレイス/ ブライス・ダラス・ハワード/ ジェームズ・クロムウェル/ ローズマリー・ハリス/ J・K・シモンズ 他 

<スパイダーマンはいまやニューヨークの市民から絶大な信頼と賞賛を集めるヒーローとなり、恋人MJへのプロポーズも決意し、順風満帆のピーター・パーカー。ところがMJのほうは出演した舞台が酷評され気分はどん底。そんなある日、謎の黒い液状生命体がスパイダーマンに取り憑き、そのスーツを黒く染め上げる。黒いスパイダーマンの戦闘能力は、なぜかこれまでよりも格段に高まっていた。しかし同時に、ピーターの心にもある変化が生じていた。そんなスパイダーマンの前に現れる3人の敵。ピーターの伯父ベンを殺害した犯人“サンドマン”、死んだ父の復讐に燃え“ニュー・ゴブリン”と化したハリー、そしてピーターへの激しいライバル心から黒い生命体に支配されついには最凶の敵“ヴェノム”となってしまった同僚カメラマンのエディ。三者三様のスーパーパワーを備えた彼らは、自らの内なる悪に苦悩するスパイダーマンに容赦なく襲いかかるのだった。>

続きを読む "スパイダーマン3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »