« むかしのはなし / 三浦しをん | トップページ | キャスティング・ディレクター »

凍りのくじら / 辻村深月

凍りのくじら

凍りのくじら

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 新書

<藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・芦沢光が失踪してから五年。残された病気の母と二人、毀れそうな家族をたったひとりで支えてきた高校生・理帆子の前に、思い掛けず現れた一人の青年・別所あきら。彼の優しさが孤独だった理帆子の心を少しずつ癒していくが、昔の恋人の存在によって事態は思わぬ方向へ進んでしまう…。家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く“少し不思議”な物語。 >



最近は通勤ついでに図書館寄ったりしてるんです。
ほんとは伊坂幸太郎狙ってたんですが、借りられてたみたいで。
しょうがないから別の借りようと物色してるときに、
ふとタイトル見て、知人が大絶賛してたのを思い出したので借りてきました。


何このドラえもん天国( *´艸`)。
内容は至って暗いんですが、いたるところにドラえもん話がでてきます。
そういえば、最近ドラえもん見てないなーなんて思いながら読み進めてました。

孤独な高校生が主人公。
彼女が、ある少年と出会って、色んな事を乗り越えて、
殻をやぶっていくお話、かな。
なんだか、主人公に共感できる部分多かったかも。
高校生に共感って、この年でどうかと思いますが。

私も、”少し・不在”かもしれないから。


主人公目線で話が進んでいって、
ラストに向けてクレッシェンドがかかっていく感じのキレイな構成です。
そういう意味では読みやすいかも。
ただ、主人公の言葉はけっこう痛いとこついてたりするので、
そういう意味では、好きでは無いって人もいるかもですね。
どちらかというと、負の感情に訴えてくる作品だと思います。
私はそういうのも好きですけどね(= '艸')。

ラストのオチは、全く予想してなかったので驚かされました。
ただの青春小説かと思ってたら、この作品自体が”少し・不思議”だった。
思わず号泣しました・゚・(ノ∀`*)・゚・。


この人の本は初めて読んだけど、なかなか好きかもしれないです。
次に借りる本の候補にいれとこっと( *´艸`)。

|

« むかしのはなし / 三浦しをん | トップページ | キャスティング・ディレクター »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617595

この記事へのトラックバック一覧です: 凍りのくじら / 辻村深月:

« むかしのはなし / 三浦しをん | トップページ | キャスティング・ディレクター »