« キャスティング・ディレクター | トップページ | 砂漠 / 伊坂幸太郎 »

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

  監督:  ゴア・ヴァービンスキー  
製作:  ジェリー・ブラッカイマー   
脚本:  テッド・エリオット/ テリー・ロッシオ  
音楽:  ハンス・ジマー  
出演:  ジョニー・デップ/ オーランド・ブルーム/ キーラ・ナイトレイ/ ジェフリー・ラッシュ/ ビル・ナイ/ チョウ・ユンファ/ ステラン・スカルスガルド/ トム・ホランダー/ ナオミ・ハリス/ キース・リチャーズ  他
 

<デイヴィ・ジョーンズの心臓を手中に収め強大な支配力を得た東インド会社のベケット卿は、世界制覇を目論み次々と海賊たちを撃破、ついに海賊の時代は終焉を迎えようとしていた。そこで海賊たちは、最後の望みである“伝説の海賊”9人を招集し、世界中の海賊たちによる全面対決に挑むことに。しかし、その9人のうちのひとりが生死不明のジャック・スパロウだと判明。やがて、ウィルやエリザベスたちは、溺死した船乗りが囚われているという“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー”にジャックがいると確信し、救出に向かうのだが…。>




3時間は長かった(・ω・)。
かなりおもしろかったですけどねー。
一言で感想言っちゃうと、ストーリーは気に入らないけど楽しめた、ってとこか。
かなりエンターテイメント性の高い作品なので、難しい事考えずに楽しめます。
笑えるシーンもけっこうあったし、迫力あるシーンも多かったし。

登場人物が多いだけに、もうちょっと1と2整理してから見ればよかったかも。
顔見たことあるけど誰だっけ?って考えることが何度かあった。
猿のジャックは、あいかわらずいい演技してましたよ( *´艸`)クスクス。
あとは、ジャックのお父さんが出てきたり、一応お母さんも出てきたり(=ФωФ)。
ティアダルマのオチでも、思わず笑ってしまった。


やっぱり、2が一番面白かったかなーって気もするけど。
まぁ外れのない作品ではないでしょうか。
さすがディズニー。

|

« キャスティング・ディレクター | トップページ | 砂漠 / 伊坂幸太郎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617597

この記事へのトラックバック一覧です: パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド:

« キャスティング・ディレクター | トップページ | 砂漠 / 伊坂幸太郎 »