« ラッキーナンバー7 | トップページ | チルドレン / 伊坂幸太郎 »

ドリームガールズ

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション   監督: ビル・コンドン 
製作総指揮: パトリシア・ウィッチャー 
原作・作詞: トム・アイン 
脚本: ビル・コンドン 
音楽: ヘンリー・クリーガー 
出演: ジェイミー・フォックス/ ビヨンセ・ノウルズ/ エディ・マーフィ/ ジェニファー・ハドソン/ アニカ・ノニ・ローズ/ ダニー・グローヴァー/ キース・ロビンソン/ シャロン・リール/ ヒントン・バトル 他 

<1962年、アメリカの自動車産業の中心地、デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナの3人は音楽での成功を夢見て“ドリーメッツ”というグループを結成し、新人オーディションへの挑戦を繰り返していた。中古車販売会社のカーティスはそんな彼女たちに大きな可能性を見出し、マネジメントを買って出る。そして、地元で抜群の人気を誇るジェームズ・アーリーのバック・コーラスに抜擢されると、彼らのパワフルなステージはデトロイトのみならず全米中の注目を集め、一躍スター街道を歩み始めるのだったが…。>




なんとなくシカゴに近いイメージで考えてれば、大きなズレはないと思います。
音楽がいい。
こういう映画観ると、R&Bとか聴きたくなります。

それにしても、シカゴ見たときも思ったんですが、
ハリウッドの俳優さんってみんな歌がうまいのか?
今回ジェイミーフォックスの歌はあんまりなかったですが、
エディーマーフィーがよかった。
どうしてもコメディのイメージが強いので、今回ダークな部分も出てて意外でしたが、
それでもすばらしかったと思います。

ジェニファーハドソン、大絶賛されていますが、私的にはちょっと?
確かに歌唱力、あるとは思うんですが、正直クドかった。
男に捨てられたシーンでの熱唱とか、まだやるか!ってくらいに・・・。
音楽なんか、好みの問題が大きいですから、一概に否定はできませんけど。

存在感は、すごかったですけど(´∀`*)。
助演というか、確かに主演に見えましたね、ジェニファー。
なんていうか、ギラギラしてるというか。
パワーは有り余ってる感じでした。

なんだろ・・・。
ビヨンセと比べちゃうからダメだったのかなーw


ストーリーは、上がって落ちてまた這い上がる、という典型的なストーリー。
映画を楽しむというよりも、舞台を楽しむ感覚で臨んだ方がしっくりくると思います。

|

« ラッキーナンバー7 | トップページ | チルドレン / 伊坂幸太郎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617605

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームガールズ:

« ラッキーナンバー7 | トップページ | チルドレン / 伊坂幸太郎 »