« 陽気なギャングの日常と襲撃 / 伊坂幸太郎 | トップページ | ドリームガールズ »

ラッキーナンバー7

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)  

監督: ポール・マクギガン 
製作: クリストファー・エバーツ/ アンディ・グロッシュ/ キア・ジャム/ ロバート・S・クラヴィス/ タイラー・ミッチェル/ アンソニー・ルーレン/ クリス・ロバーツ 
脚本: ジェイソン・スマイロヴィック 
音楽: J・ラルフ
出演: ジョシュ・ハートネット/ ブルース・ウィリス/ ルーシー・リュー/ モーガン・フリーマン/ ベン・キングズレー/ スタンリー・トゥッチ 他 

<仕事をクビになり、恋人にも裏切られ、不運続きの青年スレヴンは、友人ニックを頼ってニューヨークへとやって来た。しかしニックは不在で、スレヴンはひょんなことから知り合った隣に住む女性リンジーと一緒にニックの行方を捜し始める。そして、いつしか2人は恋に落ちる。そんな矢先スレヴンは、彼をニックだと思い込んだギャングによって拉致され、親玉“ボス”の前に引き出される。ニックがつくった多額の借金の返済を迫られ、それを帳消しにする条件として、敵対するギャングの親玉“ラビ”の同性愛の息子を殺害することを強要されてしまうスレヴンだったが…。>




ルーシーがなんかかわいい(*´ω`*)。
妙にその印象が残ってます。
あくまで、サブキャラなんですけどねぇ。

気負わず観られて、楽しめました。
最初の方は、何がなんだか?って感じですが・・・
しばらく我慢してれば、ちゃんと謎解きしてくれます。
重すぎず、笑えるシーンも多数用意してくれてるので、
クライムサスペンス、というよりも、推理ありのコメディかドラマ?みたいな。
やってることは暗いんですけど、なんでだろう。

ただ、あれですな。
タイトル、ゴロ合わせか!
事の発端になった競走馬のナンバーと、
主人公の名前(SLEVEN)をかけてる、ってことですよね?

イメージからして、オーシャンズ11みたいな意味合いなのかと思ってました。

この映画、引き合いにユージュアルサスペクツ出されること多いみたいですね。
でも、個人的には展開のすごさでは比べ物にならない、と思いました。
こっちの作品は、途中からなんとなくオチが読めます。
ラストの、ルーシー絡みの所は、ちょっとやられましたけどねー。

いいキャストが揃ってるだけに、楽しめたかなー。
その分、安っぽくなってる感が無きにしも非ずですが・・・。
時間も2時間弱と長すぎないので、時間があればチャレンジしてください。

|

« 陽気なギャングの日常と襲撃 / 伊坂幸太郎 | トップページ | ドリームガールズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617604

この記事へのトラックバック一覧です: ラッキーナンバー7:

« 陽気なギャングの日常と襲撃 / 伊坂幸太郎 | トップページ | ドリームガールズ »