« 重力ピエロ / 伊坂幸太郎 | トップページ | 死にぞこないの青 / 乙一 »

ハリー・ポッターと謎のプリンス / J.K.Rowling

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

  • 作者: J. K. ローリング, J. K. Rowling
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2006/05/17
  • メディア: 単行本
<ヴォルデモートの復活のせいで、夏だというのに国中に冷たい霧が立ち込めていた。そんな中を、ダーズリーの家にダンブルドアがやって来るという。いったい何のために?そして、ダンブルドアの右手に異変が……。17年前の予言は、ハリーとヴォルデモートとの対決を避けられないものにした。過酷な運命に立ち向かう16歳のハリーに、ダンブルドアの個人教授が始まる。>



読んじゃった('ω'*)。
実は2~3巻しか原作は読んでないので、順番に読むつもりだったのだけど。
知り合いが持ってるって言うから…。
映画を観て「あそこのセリフが6巻につながるのね~」とか、思わせぶりな事言うから・・・!
借りちゃいました。
いいんだ、5巻までは映画観てるから・・・。

と、思いきや。
登場人物の多さに、ついていけなかった(;´Д`)。
5巻でも出てる人はまだしも、学校の友達の名前とか、先生の名前とか…。
忘れてる分多すぎて困った。
そういや、映画観たのって何年前だっけ…。
まぁ、今はWikiとかいう便利なものもありますし、なんとか読破しましたー。

あいかわらず、直訳っぽい文章で読みにくい部分もありますね。
変に意訳ばっかだと困るけど、もうちょっと日本語として読みやすく訳せないものでしょうか。
元が洋書だから、それはそれでいいのかもしれないけど…。
個人的には、もーちょっとスマートな方が好き。

ストーリーは…どこまで書いていいんでしょうか!
あの子とこの子がくっつくのか!とか。
まさかこの人まで死んじゃうのか!とか。
いろいろあるんだけど、やっぱり書かないほうがいいのかなー、とか(ノω`)。
どうしても聞きたいって人は、連絡先添えてご一報ください(ぇ

作品の雰囲気が、初期とは大分違ってきたかなぁ。
映画5作目観たときも思ったけど、やっぱり暗ーくなってきた。
ただ、恋愛ネタがけっこうちりばめられてるので、時々明るくなる・・・?

そしてやっぱり、ルーニィかわいい!
なんていうか、こんな妹ほしいな('ω'*)。
彼女が出てくるたびに、イヴァナ・リンチのイメージが…。
ネットで調べてたら、イヴァナ・リンチの身長は1.52mだとか…。
負けた( ´-`)。

脱線はこの程度で。
とはいえ、あまり中身に触れないで、と思うと書ける事少ないなぁ。
ま、気になる人は読んでください。
ただし、下巻は部屋で一人で読む事をお勧めします。
私のように、スタバで必死で涙をこらえるハメになりますからねっ!
 

|

« 重力ピエロ / 伊坂幸太郎 | トップページ | 死にぞこないの青 / 乙一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617616

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと謎のプリンス / J.K.Rowling:

« 重力ピエロ / 伊坂幸太郎 | トップページ | 死にぞこないの青 / 乙一 »