« 読書一覧 | トップページ | フラガール »

終末のフール / 伊坂幸太郎

終末のフール

終末のフール

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本

<あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。2xxx年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。犯罪がはびこり、秩序は崩壊した混乱の中、仙台市北部の団地に住む人々は、いかにそれぞれの人生を送るのか? 傑作連作短編集。>


伊坂さんの短編も、おもしろいですねー。

ただ、読んでる間中、デジャヴ感じまくりでした。
あとで自分のブログ見直していて、その正体にようやく気付いた。
三浦しをんさんの「むかしのはなし」と設定や構成がそっくりなんだー。

どっちが好きってのは、むかしのはなしの方の記憶が大分薄れてるから比べにくい。
どっちもどっちといえばそうなような。
あえて差別化するなら、伊坂さんの方が、感情のふり幅が少し大きいイメージ…かな。
三浦さんのがきれいに流れて行くのにたいして、伊坂さんのはあがいてる感じがするというか。
多分、登場人物の年齢層が低いのかな?
ほんとにイメージだけですけどね。


あと3年で世界が終わるなら。
私は、何をして、誰と過ごすことを選ぶんだろう。

|

« 読書一覧 | トップページ | フラガール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617625

この記事へのトラックバック一覧です: 終末のフール / 伊坂幸太郎:

« 読書一覧 | トップページ | フラガール »