« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

黒猫館の殺人 / 綾辻行人

黒猫館の殺人 (講談社文庫)

黒猫館の殺人 (講談社文庫)

<6つめの「館」への御招待──自分が何者なのか調べてほしい。推理作家鹿谷門実に会いたいと手紙を送ってきた老人はそう訴えた。手がかりとして渡された「手記」には彼が遭遇した奇怪な殺人事件が綴られていた。しかも事件が起きたその屋敷とはあの建築家中村青司の手になるものだった。惨劇に潜む真相は。>

続きを読む "黒猫館の殺人 / 綾辻行人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バベル

バベル スタンダードエディション 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリト
ゥ 
製作: スティーヴ・ゴリン/ ジョン・キリク/  アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリト
ゥ 
脚本: ギジェルモ・アリアガ 
音楽: グスターボ・サンタオラヤ 
出演: ブラッド・ピット/ ケイト・ブランシェット/ ガエル・ガルシア・ベルナル/ 役所広司/ 菊地凛子/ 二階堂智/ アドリアナ・バラーザ/ エル・ファニング/ ネイサン・ギャンブル/ ブブケ・アイト・エル・カイド/ サイード・タルカーニ/ ムスタファ・ラシディ/ アブデルカデール・バラ/ 小木茂光/ マイケル・ペーニャ/ クリフトン・コリンズ・Jr/ 村田裕子/ 末松暢茂 他
 

モロッコ。山羊飼いのアブドゥラは知り合いから一挺のライフルを買い、それを山羊に近づくジャッカルを追い払うためとして息子の兄弟アフメッドとユセフに与えた。すると、兄弟は遠くの標的めがけて遊び半分で射撃の腕を競い合い、ユセフが険しい山間部を走ってくる一台のバスに引き金を引く。そのバスには、一組のアメリカ人夫妻リチャードとスーザンが乗り合わせていた。彼らは、生まれて間もない3人目の子供を亡くしたことがきっかけで壊れかけた絆を取り戻そうと、2人だけで旅行にやってきた。ところが、どこからか放たれた銃弾が運悪くスーザンの肩を直撃。リチャードは血まみれの妻を抱え、医者のいる村へと急ぐ。一方、夫妻がアメリカに残してきた幼い子供たちマイクとデビーの面倒をみるメキシコ人の乳母アメリア。息子の結婚式に出るため帰郷する予定が、夫妻が戻らず途方に暮れる。やがて彼女は仕方なく、マイクとデビーも一緒に連れてメキシコへと向かうのだった。日本。妻が自殺して以来、父娘関係が冷えきっている東京の会社員ヤスジローと女子高生になる聾唖の娘チエコ。またチエコは満たされない日々に孤独と絶望を募らせていた。そんな中、モロッコの事件で使用されたライフルの所有者として、ヤスジローの名前が浮かび上がる…。>

続きを読む "バベル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしも昨日が選べたら

もしも昨日が選べたら 監督: フランク・コラチ 
製作: アダム・サンドラー/ スティーヴ・コーレン/  マーク・オキーフ/  ジャック・ジャラプト/  ニール・H・モリッツ 
脚本: スティーヴ・コーレン/ マーク・オキーフ 
音楽: ルパート・グレグソン=ウィリアムズ 
出演: アダム・サンドラー/ ケイト・ベッキンセイル/ クリストファー・ウォーケン/ デヴィッド・ハッセルホフ/ ヘンリー・ウィンクラー/ ジュリー・カヴナー/ ショーン・アスティン/ ジョセフ・キャスタノン/ テイタム・マッキャン/ キャメロン・モナハン/ ジェニファー・クーリッジ/ シド・ギャニス/ ジャナ・クレイマー/ ロブ・シュナイダー/ ソフィー・モンク/ ジョナ・ヒル  他
上映時間: 107分

<建築士のマイケルニューマンは、美しい妻ドナと2人のかわいい子どもたちのためにと懸命に働く日々。いつしかそれは、仕事優先で大切な家族を顧みない生活となっていった。そんな時間に追われてばかりのマイケルは、煩わしいリモコン操作に嫌気がさし、どんな電化製品も一台で操れる“万能リモコン”を求めて街に出る。そして、怪しげな従業員モーティから、人生さえも早送りや巻き戻しできる不思議なリモコンを手に入れる。妻との口論を早送りしたり、犬の吠え声を小さくしたりと、人生を思い通りに操作し始めるマイケルだったが…。>

続きを読む "もしも昨日が選べたら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリージア

フリージア  監督: 熊切和嘉 
原作: 松本次郎    『フリージア』(小学館『IKKI』コミックス)
脚本: 宇治田隆史 
音楽: 赤犬/ 松本章 
出演: 玉山鉄二/ 西島秀俊/ つぐみ/ 三浦誠己/ 柄本佑/  竹原ピストル/ 鴻上尚史/  嶋田久作/  坂井真紀/ 大口広司/ すまけい 他  

 

<ヒロシは、15年前に起きた瞬間凍結爆弾の極秘実験に巻き込まれて以来、人間的な感情や痛覚を失ってしまう。ある時、ヒロシは『カツミ敵討ち執行代理人事務所』のヒグチという女性にスカウトされ、プロの敵討ち執行代理人となる。ヒグチもまた、15年前の事件にトラウマを抱えていた。ヒグチは瞬間凍結爆弾に関する当時の極秘プロジェクトを調べ上げ、トシオという男が事件の加害者であることを突き止めるのだった。>

続きを読む "フリージア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもたちは夜と遊ぶ / 辻村深月

子どもたちは夜と遊ぶ

子どもたちは夜と遊ぶ(上・下)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/05/10
  • メディア: 新書

<優しく触れようとしても壊してしまう、大人になりきれない子どもたちは、暗い恋の闇路へと迷い込んでしまった…。同じ大学に通う仲間、浅葱と狐塚、月子と恭司。彼らを取り巻く一方通行の片想いの歯車は、思わぬ連続殺人事件と絡まり、悲しくも残酷な方向へと狂い始める。掛け違えた恋のボタンと、絶望の淵に蹲る殺人鬼の影には、どんな結末が待っているのか。>

続きを読む "子どもたちは夜と遊ぶ / 辻村深月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人に好かれる ものの言い方・伝え方のルールとマナー

人に好かれる ものの言い方・伝え方のルールとマナー

人に好かれる ものの言い方・伝え方のルールとマナー

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2006/07/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
<「思っていることをうまく伝えられない」「こんなときはどう言えばいいの?」ビジネスには必須の会話のルールとマナーをやさしく紹介。「相談する」「状況を説明する」「自分の意見を伝える」「抗議をする」などビジネスのさまざまなシーンごとに、どんな表現をすれば、より気持ちが伝わるか、コミュニケーションがうまくいくか、とっておきのコツが満載です。 全ページ、オールカラーのイラスト解説で、見るだけでも楽しい本。 まわりから信頼され、印象もアップする気持ちを上手に表現する会話のコツを教えます!

続きを読む "人に好かれる ものの言い方・伝え方のルールとマナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »