« バベル | トップページ | 黒死館殺人事件 / 小栗虫太郎 »

黒猫館の殺人 / 綾辻行人

黒猫館の殺人 (講談社文庫)

黒猫館の殺人 (講談社文庫)

<6つめの「館」への御招待──自分が何者なのか調べてほしい。推理作家鹿谷門実に会いたいと手紙を送ってきた老人はそう訴えた。手がかりとして渡された「手記」には彼が遭遇した奇怪な殺人事件が綴られていた。しかも事件が起きたその屋敷とはあの建築家中村青司の手になるものだった。惨劇に潜む真相は。>

知人にお勧めを聞いたら綾辻さんの名前があがったので読んでみました。
しかし。
下調べが不十分で、シリーズものの6冊目を最初に読んでしまった('ε'*)
猫って単語に騙されました。
まぁ、一作ごとに完結してるからいいっちゃいいんですけどねぇ・・・。
また今度、一作目から読んでいこう。

中身はまさにミステリー!って感じです。
ちょっとレベルが高めで、トリックもなんも分からんかった。
犯人はなんとなく想像できたけど。
個人的にはもうちょっと親切なミステリーの方が好きだ。

にしても、ラストの終わり方が一昔前の2時間ドラマのようでした。

|

« バベル | トップページ | 黒死館殺人事件 / 小栗虫太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31618244

この記事へのトラックバック一覧です: 黒猫館の殺人 / 綾辻行人:

« バベル | トップページ | 黒死館殺人事件 / 小栗虫太郎 »