« 人に好かれる ものの言い方・伝え方のルールとマナー | トップページ | フリージア »

子どもたちは夜と遊ぶ / 辻村深月

子どもたちは夜と遊ぶ

子どもたちは夜と遊ぶ(上・下)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/05/10
  • メディア: 新書

<優しく触れようとしても壊してしまう、大人になりきれない子どもたちは、暗い恋の闇路へと迷い込んでしまった…。同じ大学に通う仲間、浅葱と狐塚、月子と恭司。彼らを取り巻く一方通行の片想いの歯車は、思わぬ連続殺人事件と絡まり、悲しくも残酷な方向へと狂い始める。掛け違えた恋のボタンと、絶望の淵に蹲る殺人鬼の影には、どんな結末が待っているのか。>

怖い。
怖すぎです!

やっぱり、彼女の物語は読んでて痛いなぁ・・・。
エグイのもあるし、精神的にもけっこうえぐってくるというか。
おもしろいんですけどね。
読み始めたら止まらなくて、夜1時過ぎに読み終わるまで一気だったし・・・。

物語の進め方とか伏線の張り方とか、うまいなーって思います。
そういう意味では、できるものなら2度読みたい作品。
ただ、ほんとに痛いので精神的にきつい。
読んでて気分のいい話ではないかなぁ・・・。

浅葱多重人格は、ちょっと予想がついた。
ただ、完全に別人として描かれていたので、明かされるまで確信は持てませんでしたが。
しかし、あの二人が兄弟だったとは。
まったく気づきませんでした。
淡白なカップルなんだとばかり思ってました。

いろいろと、おおっという展開があって退屈しませんねー。

こういうテンポ好きなんだけど、痛いの苦手なんだよなぁ・・・。
オススメはオススメですが、好みはかなり分かれると思います。
チャレンジ精神のある方は、是非チャレンジください!

|

« 人に好かれる ものの言い方・伝え方のルールとマナー | トップページ | フリージア »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31617704

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちは夜と遊ぶ / 辻村深月:

« 人に好かれる ものの言い方・伝え方のルールとマナー | トップページ | フリージア »