« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

オーデュボンの祈り / 伊坂幸太郎

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中で意識を失い、見知らぬ島で目を覚ます。仙台沖に浮かぶその島は150年もの間、外部との交流を持たない孤島だという。そこで人間たちに崇拝されているのは、言葉を話し、未来を予知するというカカシ「優午」だった。しかしある夜、何者かによって優午が「殺害」される。なぜカカシは、自分の死を予測できなかったのか。「オーデュボンの話を聞きなさい」という優午からの最後のメッセージを手掛かりに、伊藤は、その死の真相に迫っていく。>

続きを読む "オーデュボンの祈り / 伊坂幸太郎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族八景 / 筒井康隆

家族八景 (新潮文庫)

家族八景 (新潮文庫)

<幸か不幸か生まれながらのテレパシーをもって、目の前の人の心をすべて読みとってしまう可愛いお手伝いさんの七瀬。彼女は転々として移り住む八軒の住人の心にふと忍び寄ってマイホームの虚偽を抉り出す。人間心理の深層に容赦なく光を当て、平凡な日常生活を営む小市民の猥雑な心の裏面を、コミカルな筆致でペーソスにまで昇華させた、恐ろしくも哀しい本である。>

続きを読む "家族八景 / 筒井康隆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »