« 家族八景 / 筒井康隆 | トップページ | モニタールーム / 山田悠介 »

オーデュボンの祈り / 伊坂幸太郎

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中で意識を失い、見知らぬ島で目を覚ます。仙台沖に浮かぶその島は150年もの間、外部との交流を持たない孤島だという。そこで人間たちに崇拝されているのは、言葉を話し、未来を予知するというカカシ「優午」だった。しかしある夜、何者かによって優午が「殺害」される。なぜカカシは、自分の死を予測できなかったのか。「オーデュボンの話を聞きなさい」という優午からの最後のメッセージを手掛かりに、伊藤は、その死の真相に迫っていく。>

やっぱり読みやすくて、ささーっと読めちゃいました。
伊坂作品はこの爽快感が好きです[揺れるハート]

かなり最初の方で出てくる問題。
「この島に欠けているもの」が何なのか、結局最後の方までわからんかった。
タネ明かしを読んで、なるほどねーっと思えました。
なんでこんなにうまく話を組み立てられるのか・・・不思議だ。
カオス理論が出てきたり、名探偵の話が出てきたり、細かいところでも楽しませてくれました。

他の作品も読んでいかないとなぁ。
今度は再読も含めて、刊行順に読んでいってみるかぁw

|

« 家族八景 / 筒井康隆 | トップページ | モニタールーム / 山田悠介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31618384

この記事へのトラックバック一覧です: オーデュボンの祈り / 伊坂幸太郎:

« 家族八景 / 筒井康隆 | トップページ | モニタールーム / 山田悠介 »