« 君の名残を / 浅倉卓弥 | トップページ | ラヂオの時間 »

死神の精度 / 伊坂幸太郎

死神の精度 (文春文庫)

死神の精度 (文春文庫)

<CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。>

またやってしまった・・・。
原作は映画を見てから読もうと思ってたのに、先に読んじゃった(ノД`)
まぁ・・・映画はテレビで放送されてたら見ようかな・・・w

短編集で、読みやすい。
それでいて、つながってくるのが、伊坂流。
楽しませていただきました。

死神はみんな音楽好きなのか・・・知らなかった( *´艸`)
予定された死を、実行するか見送るかを決める死神。
基本は実行。
例外的に見送ることもありますが、人情的なもんじゃなくて・・・。
死神自身の価値観が基準です。
それがおもしろいです。

主人公が死神なだけに、全体的に淡々と進みます。
今回は通勤の電車で切れ切れに読んでたのもあるのかな?
短編なので、それでも読みやすかったです。
通勤通学のお供にどうぞ♪

|

« 君の名残を / 浅倉卓弥 | トップページ | ラヂオの時間 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31618421

この記事へのトラックバック一覧です: 死神の精度 / 伊坂幸太郎:

« 君の名残を / 浅倉卓弥 | トップページ | ラヂオの時間 »