« モニタールーム / 山田悠介 | トップページ | 死神の精度 / 伊坂幸太郎 »

君の名残を / 浅倉卓弥

君の名残を

君の名残を

<その日、彼らの時は歪んだ。目覚めるとそこは戦乱の前夜だった―。激動の平安末期を舞台に壮大なスケールで描く衝撃と慟哭の絵巻ここに登場。>

長かった・・・。
通勤とかでちょいちょい読んでたから、とくにそう感じたのかな?
実際、かなりボリュームあります。
でも、おもしろかったです。

実際の歴史を元にしてるんで、知ってる名前が出てきて読みやすい。
まぁ、歴史にあんまり明るくないのでどこまで理解したかは・・・?ですがw
あくまでフィクションなので、その辺はこだわらなくてもいいかなーと自分で納得。

長かったこともあって、ちょっと分かりにくい部分もあった。
友恵(巴)と氷室が同じ魂で、武蔵と義仲も同じ魂ってことか?
そうなような、違うような。
読み応えはあったけど、もうちょっとはしょってくれるともっと読みやすかったかもなぁ。

|

« モニタールーム / 山田悠介 | トップページ | 死神の精度 / 伊坂幸太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31618406

この記事へのトラックバック一覧です: 君の名残を / 浅倉卓弥:

« モニタールーム / 山田悠介 | トップページ | 死神の精度 / 伊坂幸太郎 »