« ザ・マジックアワー | トップページ | 最後の恋のはじめ方 »

007/カジノ・ロワイヤル

007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション/ダニエル・クレイグ[DVD] 

監督: マーティン・キャンベル 
製作: バーバラ・ブロッコリ/ マイケル・G・ウィルソン 
原作: イアン・フレミング    『007/カジノ・ロワイヤル』(東京創元社刊)
脚本: ニール・パーヴィス/ ロバート・ウェイド/ ポール・ハギス 
音楽: デヴィッド・アーノルド 
テーマ曲: モンティ・ノーマン   (ジェームズ・ボンドのテーマ)
主題歌: クリス・コーネル 
出演: ダニエル・クレイグ/ エヴァ・グリーン/ マッツ・ミケルセン/ ジュディ・デンチ/ ジェフリー・ライト/ ジャンカルロ・ジャンニーニ/ シモン・アブカリアン/ カテリーナ・ムリーノ/ イワナ・ミルセヴィッチ/ セバスチャン・フォーカン/ イェスパー・クリステンセン/ クラウディオ・サンタマリア/ イザック・ド・バンコレ/ トビアス・メンジーズ  他

上映時間:144分
 

<殺しのライセンス“00(ダブル・オー)”を取得するため、昇格最後の条件である2件の殺害を実行したジェームズ・ボンドは見事ダブル・オーの称号を得る。そして、犯罪組織の資金源を絶つという最初の任務に乗り出すのだった。まずはマダガスカルで爆弾所有の男を追い、そこから世界中のテロリストを資金面で支えるル・シッフルなる人物が一連の案件に深く関わっていると判明。続いてボンドは、バハマ、マイアミで武器売人と航空機爆破の阻止に奔走し、いよいよル・シッフルへ辿り着く。すると、ル・シッフルがモンテネグロの“カジノ・ロワイヤル”で大勝負に出ることが明らかとなり、ボンドは更なる陰謀を阻止せんと現地へ向かうのだった。しかし、そんな彼のもとには、財務省からお目付役として美女ヴェスパー・リンドが送り込まれる。最初は彼女に対して懐疑的だったボンドだが、危険を共にする中で次第に心惹かれていく…。>

007ってこんなに人を殺してましたっけ?
なんとなく、今まで観てたのと印象が違うように感じました。
これまでよりもシリアスでした。

ダニエルクレイグも、悪くはないんだけど…。
ピアースブロスナンの方が好きだなぁ。
なんていうか…甘さが足りないです。
好みは人それぞれですけどねー。

ボスっぽい相手を倒して、エンディングかと思いきや最後まで気が抜けません。
結局ヴェスパーはボンドのことも好きだったのか?
よくわからずでした。

007は、もっと楽しい方が好きだな!

|

« ザ・マジックアワー | トップページ | 最後の恋のはじめ方 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278234/31756450

この記事へのトラックバック一覧です: 007/カジノ・ロワイヤル:

« ザ・マジックアワー | トップページ | 最後の恋のはじめ方 »